2015年12月15日

卒論提出

 矢島ゼミ4年以上のゼミ生13名、全員無事卒業論文を提出した。
 今年度から卒論が必修科目ではなく選択科目になったので、卒論執筆をあきらめる学生が出てくることは明らかであったが、案の定、社会情報学専攻の学生から多く出た。
 いまから十数年前まで卒論は選択科目であった。その頃、社会情報学専攻の卒論執筆者は十五%ほど、社会学専攻の卒論執筆者は三○%ほどであった。
 おそらくあと数年で、つまり私が定年退職する頃には、この数値になっていることであろう。(1871)
posted by 矢島正見 at 11:59| 我流雑筆