2015年11月29日

「読む・読む・読む」第一弾終了

 ようやく第一弾を乗り越えた。厳しかった。
 この間、中央社会学会規約改正の件あり、『青少年問題』初稿ゲラ校正あり、日本犯罪社会学会大会・理事会あり、日工組社会安全財団の助成ヒアリングあり、児童ポルノシンポジウムあり、入試委員会ありと、それだけでも超多忙な時であった。それに卒論下書査読(13本)−個別指導が重なったのだから、地獄の日々であった。
 日本犯罪社会学会大会では、大会時、会員控え室で査読したり、発表会場の隅に座って査読したりと、大変であった。間に合うというめどが立ったのは二日前のことである。(1865)
posted by 矢島正見 at 22:31| 我流雑筆

2015年11月23日

「読む・読む・読む」の時期到来

 毎年、11月の後半から1月末までは、「読む・読む・読む」の時期となる。
 その第一弾が襲ってきた。卒業論文下書査読―個別指導だ。この第一弾はかなり厳しい。今まで継続していた研究活動は中止である。(1864)
posted by 矢島正見 at 09:09| 我流雑筆

2015年11月20日

10月の酒量報告(10月1日〜31日)

 酒量を日本酒に換算して、◎…3合以上、○…1合以上3合未満、△…1合未満、×…無飲酒。
 1日…○、2日…◎、3日…○、4日…○、5日…○、6日…○、7日…○、8日…○、9日…○、10日…○、11日…○、12日…○、13日…○、14日…○、15日…◎、16日…○、17日…○、18日…◎、19日…◎、20日…○、21日…○、22日…○、23日…〇、24日…◎、25日…〇、26日…○、27日…○、28日…○、29日…◎、30日…◎、31日…○。
 以上、◎…7日、○…24日、△…0日、×…0日。
 ◎を3点、○を2点、△を1点、×を0点としての、ひと月の合計点は69点であった。
 先月とほとんど同じ。休肝日はなく、毎日、ほぼ三合前後呑んでいる、ということである。(1863)
posted by 矢島正見 at 11:17| 我流雑筆

10月のご報告(10月1日〜31日)

○学内活動…授業(現代社会研究、社会調査実習、社会学演習、大学院)。大学雑務。ゼミ生個別指導。入試業務。研究室会議。教授会。大学院会。現代社会研究ミニ宿題@Aの採点。
○学外活動…『青少年問題』原稿読。一般財団法人青少年問題研究会全体会。新潟講演。埼玉講演。
○研究活動…『社会安全・警察学』ゲラ校正。「生活機能障害アプローチ社会病理学の系譜」執筆再開。
○読書…研究目的以外で読んだのは、石田論文、『更生保護』『昭和史―1926-1945―』『戦略の歴史(上)』『戦略の歴史(下)』『若者の戦後史』『応用社会学原論』『あぶれピューリタン―逸脱の社会学』。
○私的活動・出来事…高校同級会。N氏との夕食。孫の運動会。宿場祭り。孫のお泊り。孫のお相手。F氏を囲んでの飲み会。新潟小出一泊。(1862)
posted by 矢島正見 at 11:16| 我流雑筆

2015年11月16日

お粗末ながらG(完)

「牡丹散って 打ち重なりぬ 二三片」…与謝蕪村
「爆発して 打ち重なりぬ 二三人」(1861)
posted by 矢島正見 at 11:00| 我流雑筆

2015年11月15日

お粗末ながらF

「柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺」…正岡子規
「芋食えば 屁が出るなり 尻の穴」(1860)
posted by 矢島正見 at 10:20| 我流雑筆

2015年11月14日

お粗末ながらE

「五月雨や 大河を前に 家二軒」…与謝蕪村
「五月雨や 大河の中に 家二軒」(1859)
posted by 矢島正見 at 09:54| 我流雑筆

2015年11月13日

お粗末ながらD

「五月雨を 集めてはやし 最上川」…松尾芭蕉
「五月雨を 集めて決壊 大洪水」(1858)
posted by 矢島正見 at 09:16| 我流雑筆

2015年11月09日

お粗末ながらC

「松島や ああ松島や 松島や」…松尾芭蕉…あまりの美しさゆえに。
「俺の顔 ああ俺の顔 俺の顔」…あまりの醜さゆえに。(1857)
posted by 矢島正見 at 00:13| 我流雑筆

2015年11月06日

お粗末ながらB

「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」…松尾芭蕉
「閑さや ビルにしみ入る 街の音」
「閑さや 葬儀に経読む 僧の声」(1856)
posted by 矢島正見 at 10:04| 我流雑筆

2015年11月03日

お粗末ながらA

「新春は 小便から 湯気がたち」
「凍てつく日 大便からも 湯気がたち」(1855)
posted by 矢島正見 at 10:32| 我流雑筆