2015年06月08日

無毛時代G

 考えてみると、霊長類のなかで体毛の無いのは人類だけである。これは人類がそれを求め続けた歴史的結果であろう。現在の全身脱毛は、そうした人類の要望の延長として捉えることができよう。
 また、髪の毛の長いのも他の霊長類にない特徴である。これも人類が求め続けてきた歴史的結果であり、今でもその歴史が続いているということである。
 今、「ムダ毛」と言われているが、もしかすると、数十万年前から人類は、無駄毛と感じていたのかもしれない。(1779)
posted by 矢島正見 at 22:43| 我流雑筆