2015年04月24日

ティーチングアシスタント(TA)

 調査実習のTAが、今年はいない。TAが不要というわけではない。人材がいないのだ。
 TAは社会学の大学院生から選出する。ところが、その院生がとうとういなくなってしまった。TAとともに行う年度初めの膨大な量の印刷を、今年度は私一人ですることになった。(1758)
posted by 矢島正見 at 13:46| 我流雑筆