2015年02月27日

本屋大賞

 「本屋大賞」というのがある。書店の店員が選ぶらしい。
 先日、本屋で、ある山と積まれて置かれている本の、その上に「本屋大賞ノミネート」という紙が立てられていた。どんなものかと、ぺらぺらとめくり読みしたのだが、ひと言「おそまつ」。
 店員のレベルの低さ(これはあたりまえのことだが)、既存の文学賞の権威の低下、そして「本」というものの存在意義の変化、こうしたことを感じざるを得なかった。(1737)
posted by 矢島正見 at 10:52| 我流雑筆

2015年02月26日

静かさや

 「静かさや 岩にしみいる 蝉の声」は松尾芭蕉。名句である。私の場合は「静かさや 酒場にがさつく しゃべり声」となる。迷句である。
 しかし、「蝉の声」に静かさを感じるのはごく普通のこと、さして訓練はいらない。しかし、人びとのしゃべり声を静かと感じるには、かなりの場数を踏んでいなくてはならない。居酒屋人生、まもなく50年。(1736)
posted by 矢島正見 at 10:28| 我流雑筆

2015年02月25日

独り呑む

 私は「一人」と書かないで「独り」と書く。「飲む」と書かないで「呑む」と書く。
 「静かさや 独り呑む酒 年の暮れ」てな感じになる。(1735)
posted by 矢島正見 at 13:00| 我流雑筆

2015年02月21日

もうすぐ春

 日が伸びた。5時半過ぎてもまだ明るい。昨日と今日は暖かくなった。キャンディーズではないが「もうすぐ春ですね」。(1734)
posted by 矢島正見 at 11:32| 我流雑筆

2015年02月20日

春が来た

 「読み・読み・読み」の第十三弾。投稿論文の査読・評価終了。これにて今年の「読み・読み・読み」はすべて終了した。11月中旬からの三か月間であった。
 『中央社会学』雑文「巻頭の言葉」「社会を考える」執筆。
 公益財団法人日工組社会安全財団『犯罪に対する不安感等に関する調査研究―第5回調査報告書』「第5章」執筆完了。
 これにて2月までにやらなくてはならないことのほとんどが終了。ようやく春が来た。(1733)
posted by 矢島正見 at 10:46| 我流雑筆

2015年02月16日

入試業務

 入試監督業務、入試採点業務終了。6年ぶりの入試監督業務、入試採点業務であった。入試監督は一般入試でかなり楽、入試採点は初めて日本史の採点を担当したが、きわめて楽。今年はかなり楽であった。ここでも、現役から一歩退いた感じである。(1732)
posted by 矢島正見 at 11:32| 我流雑筆

2015年02月13日

書く・書く・書く

 「読み・読み・読み」が終わらないうちに、「書く・書く・書く」に突入してしまった。
これの最大は、公益財団法人日工組社会安全財団調査の報告書作成だ。
 既に突入した。2月末までに完成させなくてはならない。本当にしんどい。(1731)
posted by 矢島正見 at 22:31| 我流雑筆

2015年02月10日

「書く」

 「読み・読み・読み」の第十一弾の大学院生修士論文(3本)の査読・評価では、「修士論文審査報告書」を書く必要があった。そこで書いた。(1730)
posted by 矢島正見 at 10:20| 我流雑筆

2015年02月09日

1月の酒量報告(1月1日〜31日)

 酒量を日本酒に換算して、◎…3合以上、○…1合以上3合未満、△…1合未満、×…無飲酒。
 1日…◎、2日…◎、3日…◎、4日…×、5日…△、6日…○、7日…○、8日…○、9日…○、10日…○、11日…○、12日…◎、13日…○、14日…○、15日…○、16日…○、17日…○、18日…○、19日…△、20日…○、21日…×、22日…○、23日…◎、24日…◎、25日…○、26日…○、27日…○、28日…○、29日…×、30日…○、31日…○。
 以上、◎…6日、○…20日、△…2日、×…3日。
 ◎を3点、○を2点、△を1点、×を0点としての、ひと月の合計点は60点であった。意外と少なかった。(1729)
posted by 矢島正見 at 10:19| 我流雑筆

1月のご報告(1月1日〜31日)

○学内活動…授業。各種雑務。「現代社会研究」ミニ宿題の採点。A氏との交渉成立。ゼミ論文報告集作成。ゼミコンパ。研究室会議、社会・社情合同会議。入試委員会。教授会、大学院会。ゼミ選考会、ゼミ担当教員親睦会。卒業論文口述試験。入試監督マニュアルチェック。
○学外活動…東京都安全安心に関する懇談会第三回会合議事録訂正。一般財団法人青少年問題研究会全体会。
○読む…調査実習報告書(聞き取り調査・自分史分析)査読評。現代社会研究採点。3年ゼミ論査読・採点。『青少年問題』掲載原稿読。卒業論文査読評。修士論文査読評。
○書く…なし。
○私的活動・出来事…あいか・こてつ・たいよう・こうよう泊。あいか・こてつ・りゅうせい・よしこと兄貴宅新年ごあいさつ。佐野一家来訪。永野氏とカラオケ。タカオクリニック、浅井クリニック(1728)
posted by 矢島正見 at 10:18| 我流雑筆

2015年02月06日

第十二弾終了

 「読み・読み・読み」の第十二弾。『中央社会学』掲載の卒業論文選定査読審査終了。(1727)
posted by 矢島正見 at 22:43| 我流雑筆

2015年02月05日

採点終了

 今年度後期の成績採点のすべて終了。さらにWEBにての入力完了。これにて一件落着。(1726)
posted by 矢島正見 at 10:20| 我流雑筆

第十一弾終了

 「読み・読み・読み」の第十一弾。大学院生修士論文(3本)の査読・評価終了。
 やっと先が見えてきた。あともう一息である。(1725)
posted by 矢島正見 at 10:18| 我流雑筆

2015年02月01日

第十弾終了

 「読み・読み・読み」の第十弾。卒業論文(31本)の査読・評価終了。中大に来て以来、最大の量であった。これが最大の山、実にしんどかった。しかし、まだ続く。(1724)
posted by 矢島正見 at 12:27| 我流雑筆