2014年11月28日

駆け引きの風林火山D グローバル化時代の国際(多国間)紛争(1)

 プーチンのロシアがえらく覇権主義的になっている。大ロシア復活を目指しているかのようだ。少なくとも、もうこれ以上、弱いロシア化は食い止める、といった感じだ。
 ウクライナに今まで多大な援助をしていたのに西側に連れ込まれてはたまったものではない。ならば、クリミア半島とロシア系住民の多い東地区は分離独立、つまりウクライナの二分化だ。
 これに猛反対の西側諸国。しかし、西側諸国はエネルギーをロシアに依存、また経済状況も芳しくない。ここは、穏便に行きたい。しかし、ウクライナではロシアの支援で親露派が勢力を増してきている。このままでは、二分化に突き進む。アメリカも、中国の台頭、アラブ諸国の問題、等、課題が多く、国家財政も逼迫しており、北大西洋条約機構に金も兵も注ぎ込めない。
 クリミア半島だけだったなら、西欧諸国も妥協したかもしれないが、ウクライナの東部もとなると妥協できない。しかし、かといって、強硬手段は取りずらい、というグローバル化、相互依存状況下での、政治駆け引きが続く。(1688)
posted by 矢島正見 at 09:46| 我流雑筆

2014年11月23日

読み・読み・読み

 毎年恒例の〈読み・読み・読み〉の時期に突入した。しんどいが、仕方ない。(1687)
posted by 矢島正見 at 10:17| 我流雑筆

2014年11月21日

駆け引きの風林火山C ロシア(2)

 ところが、そのソビエトが、あっという間に崩壊した。東欧社会主義諸国の崩壊が雪崩のようにソビエトにも襲い掛かってきたのである。
 こうして東欧社会主義諸国は自由主義諸国となり、ワルシャワ条約機構は崩壊し、かつてのライバルである北大西洋条約機構に参入していった。他の民族諸国家も独立した。
 ソビエトで残ったのはロシアだけとなった。ロシアのもくろみもつい果てた。「元の木阿弥」である。
 ロシアの没落と交互して、中国の大国化が始まった。中国とロシアの交代である。こうしてロシアは臥薪嘗胆の時期が続いた。
 近年、ロシアに経済の復興、政治の安定化が訪れた。耐える時期から攻める時期の転換である。弱気の外向から強きの外向への転換である。
 プーチンは、「もうこれ以上の弱小化はさせない。ウクライナが西寄りになり、北大西洋条約機構に入ることは断じて許さない。ウクライナの半分はいただく。バルト三国も半分いただく。ロシア同盟国を拡大する」といった、思うにこんな攻めに転じた。「速きこと風の如し」「激しきこと火の如し」への転換である。(1686)
posted by 矢島正見 at 23:55| 我流雑筆

2014年11月19日

駆け引きの風林火山B ロシア(1)

 ロシア皇帝の野望は日露戦争で挫折した。敗戦によりロシアの権威は失墜した。
 ロシア皇帝を滅ぼしたソビエト連邦共和国。そのソビエトは実にロシア的であった。帝国主義野望・覇権主義体質を帝国時代以上に持っていた。バルト三国を占領し、東ヨーロッパ社会主義圏の盟主となり、アメリカとともに、二大覇権国家を確立させた。ロシア帝国衰退後、およそ40年間でロシア帝国以上の強大な国家を創り上げた。(1685)
posted by 矢島正見 at 00:29| 我流雑筆

2014年11月16日

10月の酒量報告(10月1日〜31日)

 酒量を日本酒に換算して、◎…3合以上、○…1合以上3合未満、△…1合未満、×…無飲酒。
 1日…○、2日…○、3日…◎、4日…◎、5日…○、6日…○、7日…○、8日…○、9日…○、10日…○、11日…◎、12日…○、13日…○、14日…◎、15日…○、16日…○、17日…◎、18日…◎、19日…◎、20日…○、21日…○、22日…○、23日…◎、24日…◎、25日…○、26日…○、27日…◎、28日…○、29日…○、30日…○、31日…○。
 以上、◎…10日、○…21日、△…0日、×…0日。
 ◎を3点、○を2点、△を1点、×を0点としての、ひと月の合計点は72点である。まあよく飲むこと。(1684)
posted by 矢島正見 at 10:22| 我流雑筆

10月のご報告(10月1日〜31日)

○活動@学内…授業。院生個別指導。ゼミ生論文相談。研究室会議、教授会、大学院会。健康診断。
○活動A学外…2つのシンポジウム報告準備。日本社会病理学会大会シンポジウム。犯罪社会学会常任理事会。犯罪学会大会。「埼玉県防犯まちづくり県民大会」講演。「社会安全・警察学研究所設立1周年記念シンポジウム」講演。犯罪社会学会大会。都治安対策検討委員会打合せ。一般財団法人青少年問題研究会全体会。
○活動B採点…「現代社会研究」ミニ宿題の採点。
○読書…『青少年問題』原稿読。『組長の娘―中川茂代の人生』。
○執筆…「戦後犯罪史」(『犯罪社会学事典』項目)完了。「編集委員からのひと言」。「補導員手帳 改訂版」原稿。「大橋薫社会解体論」執筆中。
○私的活動・出来事…保土ヶ谷宿場祭り。虎徹(1泊)・愛花(2泊)お泊り。タカオクリニック。(1683)
posted by 矢島正見 at 10:21| 我流雑筆

2014年11月10日

駆け引きの風林火山A 中国(2)

 資本主義の優位さを実感していたケ小平は、恥も外聞もなくGDP第一主義国家を目指した。そのためには、社会主義であろうとなかろうと一党独裁体制の堅持が必要であった。福祉や民主主義は国力が経済次元・軍事次元・政治次元のすべてにおいてソビエトを抜きアメリカに追いついた後でいい、というわけだ。
 こうしてようやく習近平の時代が到来。アヘン戦争以来の屈辱を晴らす時が来た。大中華復活の時が来た。歴史の浅いアメリカが世界を支配するのはこれまでだ。これからは、歴史と文化を誇る中華が世界を支配する。
 国力がないときは屈辱外交に耐え、「動かざること山の如し」「静かなること林のごとし」に徹する。そして時を待つ、いや時を創る。そうして、今がその時と思うや、「速きこと風の如し」「激しきこと火の如し」と、攻めて攻めて攻めまくる。こちらは一切譲歩せず、相手に譲歩させる。相手が譲歩したら、さらに譲歩を迫る。
 中国没落後百数十年の「恨み晴らさずにおくべきか」という怨念の歴史をアメリカも日本も分かっているのだろうか。(1682)
posted by 矢島正見 at 01:45| 我流雑筆

2014年11月08日

駆け引きの風林火山@ 中国(1)

 中国は、一応第二次世界大戦の戦勝国である。しかし、当時は内戦状態。中華人民共和国という国家が成立した後も、経済力が乏しいためにソビエトの配下に属していなくてはならなかった。
 「負けた日本がアメリカの配下にあるのは当然のことだが、勝った我が国がソビエトの配下に屈するとは。近い将来、社会主義国としてソビエトと肩を並べる大国に」。おそらく、毛沢東はこのような思いを抱き、屈辱をかみしめ、臥薪嘗胆していたことであろう。
 毛沢東は計算を誤った。社会主義国として世界強国を目指したことだ。その間違いを正して、世界屈指の富国強兵国家を目指したのがケ小平であった。(1681)
posted by 矢島正見 at 13:59| 我流雑筆

2014年11月03日

台風一過

 11月1日・2日・3日と孫4人のお泊り。2泊3日のあわただしいひと時であった。(1680)
posted by 矢島正見 at 15:50| 我流雑筆