2014年10月24日

刺青

 最近、刺青を入れる若者が多くなってきているような気がする。私の子ども時代で、刺青をしている人と言えば、お年寄りとその道方面の人だけであったが、近頃はそうでもないようなのだ。軽い気持ちで遊びで彫る人がいるとのこと。掘るときの痛みも、今ではずいぶん軽くなったという。
 しかし、一度彫ったら、消えるものではない。どうしても彫りたいというのならば、全裸になっても人には見えない、尻の穴の周りにでも掘ることをお勧めする。(1676)
posted by 矢島正見 at 22:31| 我流雑筆