2014年08月18日

男はつらい @いつでも男はつらい

 平和な時代・社会では、女が強くなる。暴力が最大の弱点である女にとって、平和な時代・社会は、自己主張できる時代である。逆に、相対的に男の権力は弱まる。
 秩序が崩壊した時代・社会では、自己防衛手段を持てるほどに裕福でない限り、女は男に屈せざるを得ない。男が女を支配する。
 しかし、そんな時代・社会であっても、殺されるのは女より男のほうが多い。女を支配できる男は生き残った男だけである。
 いつの時代でも、男はつらい。(1647)
posted by 矢島正見 at 18:39| 我流雑筆