2014年02月06日

下痢C

 汚い話だが、今少しお付き合いのほど、お願いしたい。
 4日火曜日の大事な会議をキャンセルしてしまった。
 無事に会議場までたどり着くことは不可能であったし、会議を進行することも不可能であった。
 それほどにひどい下痢で、「出たい」と思ってから10秒と持たないで出てしまう。したがって、我が家にてトイレに駆け込むのが精いっぱいであった。
 4日は1日中、うなり続けていた。もちろん、何も食べてない。水分を補給するだけ。
 何も食べてないのに、粘液便(いわゆる「宿便」。胃液と腸液の便)は絶えず出てくる。屁をひっても屁と共に出てくる。「ブリッ」とした勢いのよい屁が懐かしい。(1549)
posted by 矢島正見 at 12:17| 我流雑筆

続々・下痢

 朝食も昼食も食べなかった。食べる気がしなかった。夕方になって、小さなカップのヨーグルトを食べた。
 8時に夕食を食べた。鱈・豆腐・白菜・大根の簡単な鱈ちり、そしておかゆと梅干。
 食べた直後にトイレに直行。ブリブリッと出てきた。昨日食べたものの便である。これには驚いた。もう腹のなかは空っぽと思っていたのだが、そうではなかったのだ。
 3時間後の11時。あわててトイレへ。先ほど食べた鱈ちりとおかゆの便がシャワ―のように飛び出てくる。
 以後は、20分おきにトイレへ。トイレの中で、うなりながら10分ほどいるので、トイレの外にいるのも10分ほど。
 明日は朝から用事が控えている。いや、まいった。
(これを打っている間も、2度トイレに駆け込んだ。)2月4日0時記(1548)
posted by 矢島正見 at 12:02| 我流雑筆

2014年02月03日

変な事件

 内閣府の30歳男子職員が、留学のアメリカ先から韓国での会議に出席し、福岡の海岸にて死体で見つかった。
 韓国でゴムボート・エンジン・防寒服等を購入し、ホテルには偽名で滞在していることとなっていた。
 かなりのエリート公務員と推察し得る。日本に用事があるならば、いつでも帰ることができたはず。ということはアリバイ工作?!。
 はるばる海を渡り、日本で何かを実行し、また韓国にゴムボートで戻り、何気ない顔して、留学先のアメリカに帰る。留学なので、休んでいてもさほど問題にはならない。理由はいくらでもつく。
 こうして目的は完遂される、と考えたのだろうが、最悪の「予期せぬ結果」になってしまった。
 ということではないだろうか。果たして、日本で何をしようとしたのか。まさに、推理小説としては最高の素材であろう。
(テレビ・ネットで私が接した情報だけでの記述。)(1547)
posted by 矢島正見 at 13:01| 我流雑筆

続・下痢

 治っていませんでした。昨夜はひどい下痢で一晩中唸っておりました。
 未だに治っておりません。もう40時間近く続いています。腹の中は空っぽなのですが、便が出るような感覚が続いています。
 これは単なる飲みすぎ・食べすぎの下痢ではないようです。何か変なものを食べたか、体調を崩してしまったか、下痢性の風邪か、ノロウィルスか、はたまた…。(1546)
posted by 矢島正見 at 13:00| 我流雑筆

2014年02月02日

下痢・腹痛

 2月2日未明から下痢と鈍痛。およそ30分おきにトイレへ。朝食はもちろん、昼食も食べることができず、ごろごろと寝ていました。
 タマタマ(中山式快癒器)を当てて、ようやくだいぶ楽になり、パンを少々。しかし、今現在、未だ全快とまでは至っておりません。
 31日はよく眠れず、1日は朝から大忙しで、その疲れが出たのかも知れません。(1545)
posted by 矢島正見 at 15:45| 我流雑筆

山・山・山

 愛知大学講義要綱執筆終了、社会学概論試験採点終了、基礎演習1Bレポート査読終了、現代社会研究試験採点終了、卒業論文査読終了(全25本)、修士論文査読終了(1本)。
 これで大半の山を越えることができました。卒業論文査読が最大の山でした。(1544)
posted by 矢島正見 at 15:43| 我流雑筆