2014年02月28日

雑食系

 性欲に関して「肉食系」「草食系」というのがあり、最近では「絶食系」という言葉も登場してきているようである。
 私の場合は、さしずめ「雑食系」である。何でも構わず食べてしまうという、どう猛でかつ貪欲なタイプだ。
 こういうタイプは団塊の世代以降、めっきり少なくなってしまった。(1564)
posted by 矢島正見 at 11:32| 我流雑筆

2014年02月25日

学生の飲酒

 近頃の学生は本当に酒を呑まなくなった。飲めないのではない。うちのゼミ学生は、みんな飲める。ただし、飲み会はしない。つまり、飲まないのである。
 一年生も飲まない。飲めないという学生もいる。まだ未訓練状態にある。しかし、「まだ、未成年だから」と、飲まない学生もいる。これは十年前では考えられなかったことである。
 私の大学生の頃は、ほぼ毎日飲んでいた。荒れた酒であった。それがいつしか品の良い酒になり、そしてとうとう飲まなくなった。
 「草食系男子」と、根は同じなのだろうか。戦後日本で、今までになく少年非行は穏やかである。今は軟派の非行時代でもなく、硬派の非行時代でもない。その根底に、優しくなった世代・ものわかりの良い世代があるのかもしれない。優しくなった世代は、酒にも性にも逸脱にも優しいのかもしれない。(1563)
posted by 矢島正見 at 13:30| 我流雑筆

2014年02月24日

2014年度ゼミ生

 ゼミ生が確定しました。新4年生16名(男7名、女9名)、新3年生12名(男7名、女5名)、計28名(男14名、女14名)です。男と女がきっちり同数です。
 以前の矢島ゼミの、4年生12名中女12名、3年生15名中女13名、計女25名・男2名、なんてのはなくなりました。(1562)
posted by 矢島正見 at 01:38| 我流雑筆

2014年02月21日

日露戦争から日米戦争へ

 我々は日露戦争は遠い昔のことであり、過去の歴史。日米戦争は最近のことで、教訓として未だ生き続けている歴史。と、このように認識しているのではないだろうか。
 ところが、日露戦争が終結したのは1905年であり、パールハーバー急襲は1941年である。その間、わずか36年間しかない。
 なぜ、国力のまったく違うアメリカと無謀な戦争をしたのかと、しばしばマスメディアではまじめくさった顔で疑問を提起しているが、国力のまったく違うロシアに勝ったのだから、アメリカと戦争したのも当然である。勝てる見込みのない日露戦争で勝ってしまい、「今回は実に幸運であった。こんな危ない戦争はもうこりごり」と反省すべきところを、まったく逆にマスメディアも国民も皆浮かれてしまった、その瞬間に、その後の日米戦争という悲劇への路が始まったのである。(1561)
posted by 矢島正見 at 18:16| 我流雑筆

上々颱風(しゃんしゃんたいふう)

 久しぶりに「愛よりも青い海」を聞いた。(1560)
posted by 矢島正見 at 18:10| 我流雑筆

2014年02月17日

雪かき

 我が家の近くの道路が雪かきされている。中央の車道部分がきれいに雪かきされており、両端の歩道は雪に埋もれているし、雪が積まれている。
 これは車のための雪かきに過ぎない。歩行者にとってはかえって迷惑である。こんな雪かきなら、しないほうがよい。
 歩行者にとっての雪かきならば、道路の両端を雪かきして、雪は道路の中央に寄せるべきである。(1559)
posted by 矢島正見 at 10:59| 我流雑筆

2014年02月14日

続・大雪

 今年2度目の大雪。今回は粉雪ではなく牡丹雪。しんしんと降り注いでいる。実に静かな日だ。(1558)
posted by 矢島正見 at 11:34| 我流雑筆

1月の酒量報告

 酒量を日本酒に換算して、◎…3合以上、○…1合以上3合未満、△…1合未満、×…無飲酒。
 1日…◎、2日…×、3日…○、4日…○、5日…×、6日…○、7日…〇、8日…〇、9日…○、10日…○、11日…○、12日…○、13日…○、14日…△、15日…〇、16日…◎、17日…〇、18日…△、19日…〇、20日…○、21日…〇、22日…〇、23日…〇、24日…〇、25日…〇、26日…〇、27日…〇、28日…〇、29日…〇、30日…〇、31日…〇。
 以上、◎…2日、○…25日、△…2日、×…2日。
 ◎を3点、○を2点、△を1点、×を0点としての、ひと月の合計点は57点である。(1557)
posted by 矢島正見 at 11:30| 我流雑筆

1月のご報告(1月1日〜31日)

 活動…中大雑務・中大授業・社会学概論臨時授業。研究室会議・研教審会議・教務委員会・教授会・院会・ゼミ選考会議。愛知大学講義要綱作成。社会学概論試験採点、現代社会研究試験採点、社会調査実習(42組)報告書(聞き取り・自分史)査読、社会学基礎演習1(B)レポート採点、ゼミ論査読、卒業論文査読、修士論文査読、日工組社会安全財団研究助成申請審査・研究助成選考会議。神奈川県児童福祉審議会打合せ。卒論口述試験(二人分のみ)。一年生飲み会。犯罪学会編集会議、犯罪社会学会選挙委員会。『青少年問題』第655号特集構想、一般財団法人青少年問題研究会全体会、学文社打合せ。
 読書…白石一郎『孤島物語』。
 執筆…なし。
 私的活動・出来事…愛花・虎徹・太陽・光陽お泊り。佐野・徳増・ゆかり・まこと来訪。タカオクリニック・浅井クリニック。(1556)
posted by 矢島正見 at 11:29| 我流雑筆

2014年02月13日

続、山・山・山

 とうとう、すべての山を乗り越えました。ようやく私にも春が来ます。
 とりあえず、明日は何もせず過ごすことにします。大雪というので、好都合です。(1555)
posted by 矢島正見 at 23:08| 我流雑筆

2014年02月11日

新垣隆氏

 2月6日の新垣隆氏の記者会見では、新垣氏は「43歳」「桐朋学園大非常勤講師」という。佐村河内守氏の曲を作り彼を「天才的作曲家」にまで導いた新垣氏が、43歳になっても未だに非常勤講師なのか、と思わざるを得なかった。これは音楽教育界の歪みである。(1554)
posted by 矢島正見 at 12:06| 我流雑筆

下痢F

 事後報告。
 7日(金)、大学に行った。9時30分に家を出て、大学で用事を済ませ、16時00分に帰宅。何事もなし。無事。夕食は相変わらずのおかゆ。ただし、白身の煮魚がついた。1週間ぶりに体を洗う。それまでは、風呂には入っていたが体は洗ってなかった。すっきりした。
 8日(土)、大雪。昼食は暖かいうどん。まだ、完全とは言えない。夕食はしゃけと大根の味噌汁とおかゆ。今日で7日間酒を呑んでいない。これは腹を切ってから初めてのことである。
 9日(日)、昼食はやはりおかゆ。腹の調子は平常に戻った。夕食時、薄めにした焼酎のお湯割りを2杯飲んだ。久しぶりである。
 10日(月)、大学へ。本日もやや薄めにした焼酎のお湯割り。ようやく元に戻った。
 なお、腹の中に何もない状態で63キロであった体重が61キロとなった。2キロの体脂肪が無くなったということか?!。2キロと言えば、かなりの塊りである。(1553)
posted by 矢島正見 at 00:04| 我流雑筆

2014年02月08日

大雪

 粉雪が舞い散っている。大雪になった。一面の銀世界である。(1552)
posted by 矢島正見 at 13:42| 我流雑筆

2014年02月06日

下痢E

 6日(本日)、大学に行く日であったが、やめた。未だ、とうてい行ける状態にない。今日一日様子を見て、下痢が完全に治っていれば、バンザイである。
 今、ようやく、「我流雑筆」を書ける状態にまでなっている。もうこれ以上、下痢の話を書かないでいられることを願う。「下痢F」は無し、そうしたい。「ブリッ」とした勢いのよい屁をひってみたい。(1551)
posted by 矢島正見 at 12:21| 我流雑筆

下痢D

 5日、朝も昼も食事なし。やや落ち着いたものの、未だにダメ。下痢状態が続く。午後6時、重湯をほんの少々食べた。
 どうなるか、結果が恐ろしかったが、急激な下痢の襲来はなかった。そこで、10時、さらに今少し重湯を食べた。
 夜中の午前1時、大丈夫。眠りにつく。
 正直、こんなにひどい下痢は、人生65年間で記憶がない。大腸癌の手術をしたのち、3週間ほどおしめをし、ベッドに横たわり、便の垂れ流し常態であったが、そしてその時も粘液便であったが、今回ほどにはひどくなかった。(1550)
posted by 矢島正見 at 12:20| 我流雑筆