2013年11月30日

訂正

「ようやくゆとりができてきた」なんて書いたが、思い通りにはいかなかった。
 博士学位請求論文の査読・審査終了。卒業論文査読・個別指導終了。しかし、あと三つほどの小さな山が迫ってきている。これを五日以内で片づけなくてはならない。そして、その直後に、例年の「読・読・読」の第一弾が押し寄せてくる。(1521)
posted by 矢島正見 at 00:08| 我流雑筆

2013年11月24日

未だに

 未だに中央大学はごたごたしている。いいかげんうんざりするのだが、正義の人たちにあっては、徹底的に問題を解決しなくては気が済まないらしい。その徹底性が派閥を生み、争いとなり、権力闘争へと発展していく。
 「まあ、このへんでいいんじゃないの」といういい加減さが欲しいものである。もっとも、一方だけがいい加減になると、そちらは必ず負ける。ともにいい加減にならなければいけない。そこが難しいのであろう。(1520)
posted by 矢島正見 at 15:15| 我流雑筆

2013年11月17日

疲れとゆとり

 日本犯罪学会大会終了。あと残るは博士論文審査のみ。
 ようやくゆとりができてきた。こういう時には、たまった疲れがどっと出てくるものだ。この疲れを出し切ると、実に心地好いゆとりとなる。ここしばらくは、今までの疲れの排出期間である。
 思うに、この疲れの排出期間が一番心地好い時期ではないだろうか。もちろん、雑務はいろいろと押し寄せてくるが。(1519)
posted by 矢島正見 at 22:08| 我流雑筆

2013年11月12日

10月の酒量報告

 酒量を日本酒に換算して、◎…3合以上、○…1合以上3合未満、△…1合未満、×…無飲酒。
 1日…◎、2日…〇、3日…○、4日…◎、5日…◎、6日…○、7日…△、8日…○、9日…◎、10日…○、11日…○、12日…○、13日…〇、14日…〇、15日…〇、16日…◎、17日…〇、18日…◎、19日…◎、20日…◎、21日…×、22日…◎、23日…○、24日…◎、25日…◎、26日…◎、27日…○、28日…○、29日…○、30日…○、31日…○。
 以上、◎…12日、○…17日、△…1日、×…1日。
 ◎を3点、○を2点、△を1点、×を0点としての、ひと月の合計点は71点である。とうとう70点を超えてしまった。(1518)
posted by 矢島正見 at 12:01| 我流雑筆

2013年11月11日

10月のご報告(10月1日〜31日)

 活動…日本犯罪社会学会理事会・大会。少年非行防止政策日韓学術交流大会、李先生を囲む会。中大(雑務)、中大授業。研究室会議、研教審会議、教務委員会、教授会、院会。研究業績作成。査読2本。『青少年問題』原稿読。一般財団法人青少年問題研究会全体会。
 読書…『戦国の城』。『犯罪は予測できる』。松本清張『火神被殺』。
 執筆…「川崎先生のことを想う」。「社会化と逸脱」(有斐閣)校正。「社会問題の見方」「社会問題の実際」(社会福祉協議会)校正。
 私的活動・出来事…タカオメディカル、浅井皮膚科。愛花お泊り。宿場祭り。永野歯科。不動産対応。(1517)
posted by 矢島正見 at 18:33| 我流雑筆

2013年11月10日

晩秋

 下着は半袖から長袖、ステテコから股引、シャツの上にはカーディガン。とうとう晩秋となりました。
「酒呑めば 鐘が鳴るなり 大仙寺」
「ゆく秋の 武蔵の国の 矢島家の 屋根の上なる ひとひらの雲」
「秋は長湯 秋は燗酒 秋は鍋」(1516)
posted by 矢島正見 at 10:00| 我流雑筆

2013年11月09日

ほぼ完了

 名誉教授申請書類作成ほぼ完了、小論執筆完了。これで峠を越えることができます。(1515)
posted by 矢島正見 at 23:45| 我流雑筆

2013年11月04日

楽天優勝

 3勝3敗、最後の決戦。場所は仙台。相手は天下の巨人。9回からまーくん登場。そして楽天の優勝。震災地東北初優勝。出来すぎなほどのストーリー性。こういうのが歴史に残る。「神様、仏様、田中様」である。(1514)
posted by 矢島正見 at 11:26| 我流雑筆

2013年11月01日

こつこつと

査読2本、読了。『青少年問題』原稿、ほぼ読了。申請書作成、意外と時間がかかる。本日中には終わるか。テキパキとはいかないが、こつこつとこなしている。(1513)
posted by 矢島正見 at 17:55| 我流雑筆