2013年03月16日

史実小説

 海音寺潮五郎の小説、特に『悪人列伝』『武将列伝』『日本名城伝』等、新田次郎の小説、そして吉村昭の小説。これらはすべて史実に基づいて書かれた小説である。しかし、学術論文ではない。やはり「作り話」である。
 ところが、どこまでが史実でどこからが作り物なのか、判然としない個所が多々ある。私はどうも他の人と読み方が異なるようだ。書かれている内容、つまりストーリー展開に熱中しながらも、常に頭の片隅で別のことを考えている。
 作者の漢字の使い方、改行の仕方、表現が気になってしまう。いや、それだけでなく、どの表記は学的に裏付けされた事柄で、どの表記は筆者の推察に基づいての創作かと、読みながら常にチェックしている。
 また、「論理展開・構成の流れがこれでは論文として失格だ」とか、「小説ではこうした構成の流れで書いていくのか」と、考えてしまったりする。
 職業柄、このような読み方になってしまったようだ。(1426)
posted by 矢島正見 at 11:34| 我流雑筆