2012年12月02日

虎徹の日記(代筆 ジージ)

 今日は虎徹とバーバとジージの三人で大宮の鉄道博物館に行きました。保土ヶ谷から大宮まで湘南新宿ラインで行きました。行きも帰りも、なんとグリーン車に乗りました。二階建ての車両です。僕がいつも「乗りたい、乗りたい」と言っていたのが実現したのです。何事も言い続けることです(ジージですらグリーン車に乗ったことは十回もない)。
 大宮からは埼玉新都市交通で面白い電車に乗りました。途中で、新幹線のペットボトルを買いました。
 交通博物館では、小さな新幹線に乗ったり、小さな成田エキスプレスをジージと一緒に運転したり、車両の中で新幹線と汽車のお弁当を食べたり、公園の滑り台で遊んだり、いろいろな特急の社内を見たり、古いまだ木製の社内を見たり、運転の機械をいじくったり、いっぱい遊びました。
 帰りに、バーバとジージと虎徹と虎徹のうちに帰って来たのですが、バーバとジージはバーバのうちに帰ってしまいました。虎徹は悲しくなってわんわん泣きました。
 やじまこてつ(1393)
posted by 矢島正見 at 15:09| 我流雑筆

発熱経過報告

 ここ一週間のことを書く。
 26日(月)カラオケ曲名一覧作成(前記参照)。症状なし。
 27日(火)、中大雑用準備、『ユリイカ』掲載石田論文読、「日本社会病理学会の歴史」執筆。この日の夜、肩こり・喉のイガイガ発生。葛根湯を飲み、南天のど飴をしゃぶる。
 28日(水)、朝、肩こり、喉のイガイガは解消。虎徹とバーバとジージの三人で大宮の鉄道博物館へ。帰宅して夕食後、「日本社会病理学会の歴史」執筆完了。再び肩こり・喉のイガイガ発生。葛根湯を飲み、南天のど飴をしゃぶる。
 29日(木)、朝、のどのがかすれている。中央大学へ。昼から夕方まで雑務・雑務。こなした雑務12本。夕方に帰路。一杯飲んで、二軒目に行き、帰宅。喉の痛み有り。葛根湯を飲み、南天のど飴をしゃぶる。
 30日(金)未明、寒さに体が震えだす。時計を見ると4時30分頃。かけ布団をきちんと整え、セーターを着て寝る。しばらくして熱くなり汗をかき出す。6時頃。体温を計ると38度7分。睡眠薬を飲み寝るが眠れず。朝から昼にかけては睡眠2対目覚め8の状態が続く。
 虎徹も具合が悪く、保育園には行かずバーバが預かる。虎徹とともバーバと三人で病院へ。薬を飲む。午後からも睡眠2対目覚め8の状態で、28度台を行ったり来たり。
 夜中に39度6分まで上がる。睡眠薬を多目にのみ眠る。
 31日(土)、日本犯罪学会の大会・理事会・懇親会を欠席。体温は38度台前半から37度台前半となる。一日中寝ている。ようやく食欲が出てきて、夕食は普通に食べる。睡眠薬を多目にのみ眠る。
 12月1日(日)、37度前後となる。11月10日にインフルエンザの予防注射をしたのだが、効かなかったようだ。(1392)
posted by 矢島正見 at 13:57| 我流雑筆