2012年07月30日

言葉の不思議 B「小便」

 「小便」のことを「おしっこ」という。辞書を見ると、「<幼児語>小便」と出ている。「しっこ」という言葉が辞書(日本語大辞典)には見当たらないので、「お」は接頭語と断定できない。どのような語源があるのか、どのような漢字があるのかないのか、不明。
 ただし、子どもに小便をさせる際に「しー、ととと」という、この「しー」とは関係がありそうだ。もしそうであるならば、「お」は接頭語で「こ」は「うんこ」の「こ」と同様に接尾語の可能性がある。そして、「し」は「いきむ声」となる。こうであれば、実にすっきりする。「お・しー・こ」である。(1332)
posted by 矢島正見 at 23:32| 我流雑筆

言葉の不思議 C幼児語

 さて、「うんこ」「おしっこ」が「幼児語」ということは、大人が自分の大便や小便に使うものではない、ということだ。したがって、これからは、幼児でない者、今少し広げて、児童でない者、つまり中学生以上の者は、自分を含め中学生以上の者が出す場合は、「おしっこ」と言わず「小便」「ションベン」と言うべきであろう。そして、「うんこ」は「糞」もしくは「大便」と言うべきであろう。(1333)
posted by 矢島正見 at 23:32| 我流雑筆

2012年07月25日

言葉の不思議 A「糞」

 「ふん」のことを「くそ」という。どちらも「糞」と書く。ということは、「糞」と書かれていたら、どちらで読んでも良いということだ。「その後」を「そのご」「そのあと」と、どちらでも読めるというのと、同じ。
 ただし、「ふん」の場合は、人間だけでなく、他の動物にも使われるが、「くそ」の場合は、人間だけのようだ。「鳥のフン」とは言うが「鳥のクソ」とはあまり言わない。
 「人糞(じんぷん)」とは言うが「人糞(じんくそ)」とは言わない。「糞(くそ)」は人間にだけに用いるので、あえて「人糞(じんくそ)」という必要性がないわけだ。
 糞(ふん、くそ)のことを「うんこ」と言う。辞書を見ると、「<幼児語>「うん」はいきむ声、「こ」は<接尾語>。大便、うんち」となっている。これはよく分かる。確かに「いきむ声」だ。
 「うんち」を辞書で引いたが、出てない。ということは、「うんこ」のほうが正式なのであろう。「うんち」は「うんこ」をさらに幼児語化したものなのではないだろうか。もしそうであるなら、乳児の場合は「うんち」、幼児・児童の場合は「うんこ」ということか。
 もしかすると使用地域の違いかもしれない。「うんこ圏」と「うんち圏」がかつてあったのかもしれない。西日本は「うんち」、東日本は「うんこ」とか。(1331)
posted by 矢島正見 at 12:46| 我流雑筆

2012年07月19日

言葉の不思議 @「屁」

 屁のことを「おなら」という。辞書(日本語大辞典)を見ると、これは「鳴らすことから」となっている。ということは、漢字で書くと、「お鳴ら」となるのだろう。なお、「なら」は辞書にはないので、「お」は接頭語と断定できないが、「鳴らすこと」に「お」をつけたのだから、接頭語ではないかと推測し得る。(1330)
posted by 矢島正見 at 22:59| 我流雑筆

ある会話

「少し痩せられたんではないでしょうか。」
「そうかもしれないねえ。」
「どうしたんでしょうか。」
「一昨日、飲みすぎてね。それからずっとゲリピーなんだ。」
「申し訳ないことをお聞きしてしまいました。」
「つまらんことを答えてしまった。」(1329)
posted by 矢島正見 at 22:57| 我流雑筆

2012年07月13日

5月中旬からのご報告(5月17日〜7月13日)

 入院・手術のこと、事故のこと、「社会化と逸脱」執筆のことは既に書いた。それ以外のことを書いていく。
 本はさほど読んでいない。『城の日本史』『超格差社会 韓国』『知的遊戯の歴史』『木曜島の夜会』『三陸海岸大津波』『インセストタブー』『空気の発見』『日本の歴史を読み直す(全)』『排除型社会』『流離』『少年法研究会30年のあゆみ』とまあ、こんなもんである。
 日本更生保護学会依頼原稿執筆。2000字の原稿。これは数時間で書いてしまった。
 一般財団法人青少年問題研究会の全体会と編集会議。そしてその後の原稿執筆依頼。この依頼が意外と大変。
 国際犯罪学会世界大会事務・会計処理。大阪商科大学アミューズメント研究所資料拝見・収集。
 日本犯罪学会理事会。日本社会病理学会理事会。日本犯罪学会編集会議。犯罪関連学会連絡会。福祉法人敬友会評議員会。
 一般財団法人青少年問題研究会評議員会ならびに理事会。各種病院通い。お盆のご挨拶。
 竜楽落語会。菊間中学同期会。
 虎徹のお泊りは15泊、愛花は1泊。(1328)
posted by 矢島正見 at 23:52| 我流雑筆

2012年07月03日

6月の酒量報告

 酒量を日本酒に換算して、◎…3合以上、○…1合以上3合未満、△…1合未満、×…無飲酒。
 1日…×、2日…△、3日…×、4日…△、5日…△、6日…△、7日…○、8日…◎、9日…◎、10日…○、11日…○、12日…◎、13日…○、14日…○、15日…○、16日…◎、17日…◎、18日…△、19日…◎、20日…○、21日…△、22日…○、23日…○、24日…○、25日…○、26日…○、27日…○、28日…○、29日…◎、30日…×。
 以上、◎…7日、○…14日、△…6日、×…3日。
 ◎を3点、○を2点、△を1点、×を0点としての、ひと月の合計点は55点である。60点を切って50点代になったのは初めてのことである。しかもぎりぎりでない55点。手術の影響である。(1327)
posted by 矢島正見 at 12:25| 我流雑筆

5月の酒量報告

 酒量を日本酒に換算して、◎…3合以上、○…1合以上3合未満、△…1合未満、×…無飲酒。
 1日…◎、2日…○、3日…○、4日…◎、5日…○、6日…◎、7日…△、8日…○、9日…○、10日…○、11日…◎、12日…◎、13日…○、14日…○、15日…○、16日…○、17日…○、18日…◎、19日…×、20日…△、21日…○、22日…○、23日…◎、24日…◎、25日…○、26日…○、27日…○、28日…○、29日…○、30日…×、31日…×。
 以上、◎…8日、○…18日、△…2日、×…3日。
 ◎を3点、○を2点、△を1点、×を0点としての、ひと月の合計点は62点である。4月同様5月もやや控えめであった。◎が少なく○の日が多いのは、自宅で飲むことが多かったからである。(1326)
posted by 矢島正見 at 12:24| 我流雑筆

「社会化と逸脱」

 ようやく「社会化と逸脱」を脱稿しました。今回は正直に言って、失敗作です。原稿用紙40枚のところを、書き上げたら80枚以上になってしまいました。しかも、文献だけで20枚。これを縮めたのですが、それでも60枚といったところ。さらなる削除依頼が来るか否か。(1325)
posted by 矢島正見 at 12:23| 我流雑筆