2012年03月12日

一族滅亡の危機

 保土ヶ谷のバーバが熱を出した。B型インフルエンザ。同時に、虎徹も熱を出した。やはりB型インフルエンザ。新潟は小出のジージがはるばる応援に駆けつけた。バーバと虎徹の熱が下がりだした。小出のジージが帰っていった。
ところが、虎徹のオトーサンとオカーサンが熱を出した。共にB型インフルエンザ。今度は小出のバーバが応援に駆けつけた。
保土ヶ谷のジージは歯痛と三叉神経痛に悩まされながらも連夜飲んでいる。インフルエンザ撃退のために。(1278)
posted by 矢島正見 at 11:44| 我流雑筆