2011年11月02日

 咳が止まらない。10月10日から咳が始まったので、もう3週間以上続いている。熱は2日間ほど37度台前半になっただけで、後は平熱。喉の痛みもない。下痢もない。咳止めトローチをなめてはいるがほとんど効かない。ただし、激しい咳ではない。出ないときは数時間全く出ない。何なんだろうって感じだ。(1231)
posted by 矢島正見 at 21:15| 我流雑筆

中央大学付属高校ステップ講座

 本日(11月2日)、中央大学は白門祭にて全学休講。にもかかわらず、私は武蔵小金井にある中央大学付属高校へ出張講義。高校2年生を対象としたもので、150人ほどのイケメンガキやピチピチ小ギャルの前でウハウハの講義。(1230)
posted by 矢島正見 at 19:36| 我流雑筆

バアサンたちとの一泊旅行

 10月29日・30日と小学校の同級生たちと一泊旅行。62歳と63歳のジイサン3名、バアサン6名による高齢の、いや恒例の旅行である。夜は甲府の街で飲んで、二次会はカラオケ。一人のバアサン、はしゃぎすぎてひっくり返り、たんこぶをつくるというハプニングまであり。ところで、女はいくつになってもよくしゃべる。これには心底感心する。(1229)
posted by 矢島正見 at 19:35| 我流雑筆

会長再任

 10月21日・22日と日本犯罪社会学会が立命館大学にて開催された。前日の20日、第一回新理事会が開催された。議案は新会長の選出である。理事相互の投票の結果、再度会長に選出されてしまった。「もうやだ」と言っていたのに。任期は3年、66歳の10月までだ。(1228)
posted by 矢島正見 at 19:33| 我流雑筆

『坂の上の雲』読了

 半月ご無沙汰してしまった。この間、いつものことだが、いろいろとあった。
 まずは、『坂の上の雲』全8巻を読了した。9月26日から読み始め、10月24日で読み終えた。ほぼ1ヶ月間で読み終えたことになる。これだけ集中して小説を読んだのは数年ぶりのことである。
 その後、『尻啖え孫市』を読み出したのだが、ストーリーの進行も文章表現もまるで違う。同一作家が書いたものとは思えないほどである。『尻啖え孫市』は私にとっては、正直言って、軽快ではあるが軽薄でもある面白みのない小説である。(1227)
posted by 矢島正見 at 19:32| 我流雑筆