2011年11月26日

14日から25日まで

 講義(2つ×2回)、調査実習(2回)、学部ゼミ(2回)、大学院ゼミ(1回)、教授会、大学院研究科委員会、特別講義「セクシュアリティとジェンダー」(年一回)、リレー講義「メディアと情報にだまされるな」(年一回)、O氏博士学位請求論文審査会、全国少年警察ボランティアシンポジウム、O氏博士学位請求論文再読、院生K氏論文査読、院生S氏助成申請書チェック、講義用資料の印刷、『質的調査報告書の書き方』校正、『ユースカルチャーの社会学』(一部)読、『青少年問題』原稿読、『この国のかたち(一)(二)(三)』読、メールにての各種連絡・通知の受・送、「我流雑筆」執筆、卒業生I氏来訪、虎徹とお遊び、タカオクリニック。以上である。やはり忙しかった。(1243)
posted by 矢島正見 at 12:45| 我流雑筆

よう寝た

 よく寝た。一週間分の疲れがこれで取れた。
 毎年11月の後半から「読む・読む・読む」の忙しさが襲ってくる。今年もその季節になった。これから来年の1月末まで「読む・読む・読む」の時季に入る。(1242)
posted by 矢島正見 at 12:44| 我流雑筆

2011年11月19日

司馬遼太郎

 『尻啖え孫市』(上・下)を読了した。それだけでなく、今度は『この国のかたち』を読み始めた。
 私の時代小説読歴の変遷をたどると、井上靖→司馬遼太郎→藤沢周平→白石一郎→海音寺潮五郎、そして今回は再度、司馬遼太郎へと回帰している。(1241)
posted by 矢島正見 at 19:03| 我流雑筆

寒い

 本日は実に寒い。一昨日頃までは「まだ秋の始まり」といった感がしたが、今日は「秋の終わり」である。(1340)
posted by 矢島正見 at 19:01| 我流雑筆

ある先生から

 中大のある先生から、「我流雑筆」復活しましたね、と言われた。「たまに見てます」と言う。ありがたいことである。
 また、その先生から「矢島さん、外部でいろんなことなさってますね、忙しいんですね」と言われた。そうなんです、忙しいのです。
 さらに、「学内では、矢島さんが外で活躍していること、ほとんどの先生は知らないでしょう。もっとアピールしなくては」と優しい言葉をかけていただいたが、ことさらアピールする気は、いまのところありません。(1239)
posted by 矢島正見 at 18:59| 我流雑筆

2011年11月14日

10月の酒量報告

 酒量を日本酒に換算して、◎…3合以上、○…1合以上3合未満、△…1合未満、×…無飲酒。
 1日…◎、2日…○、3日…×、4日…◎、5日…◎、6日…○、7日…◎、8日…◎、9日…◎、10日…○、11日…◎、12日…○、13日…○、14日…○、15日…○、16日…○、17日…△、18日…○、19日…○、20日…○、21日…◎、22日…◎、23日…◎、24日…△、25日…◎、26日…○、27日…◎、28日…○、29日…◎、30日…×、31日…△。
 以上、◎…13日、○…13日、△…3日、×…2日。10月は◎がかなり多くなった。
 ◎を3点、○を2点、△を1点、×を0点としての、ひと月の合計点は68点である。(1238)
posted by 矢島正見 at 14:23| 我流雑筆

ここ一週間でやったこと

 11月7日から13日までの一週間にしたことを記してみる。
 講義2つ、学部ゼミ、調査実習、大学院ゼミ(以上、ここまでが雇われ教員の最低の義務)、中大リレー講義のレジュメ作成、雑誌『青少年問題』原稿読み、雑誌『青少年問題』次号構想、(財)青少年問題研究会編集規定・同投稿規定の作成、社会福祉協議会『社会学』「第5章」「第6章」校正、インフルエンザの予防注射、人事課へ、李鳴書類郵送、日本社会学会公開シンポジウム報告書「はじめに」執筆、『性犯罪の行動科学』読了、『尻くらえ孫市』(上)読了、メールにての各種連絡・返事・通知、柿もぎ、散髪、買い物、虎徹とお遊び、妻と飲みに行く・カラオケに行く(「ブローネ」と「悠」)。
 とまあ、以上である。これだけやっていて、ゆっくり出来た、というのであるから、やはり今までどのくらい忙しかったのか、我ながら分かる。(1237)
posted by 矢島正見 at 14:22| 我流雑筆

それでもゆとり

 相変わらず、こまごまとした雑務に追われている。どうしてこうもやることがあるのか、我ながら不思議に思う。
 しかしそれでも、随分とゆとりが出てきた。火・水・木・金でほぼ仕事は終わる。土・日・月とゆっくり過ごせる。本も読める。落ち着いて酒も飲める。ただし、愛花と虎徹がいない時という前提はあるが。したがって、特に月曜日はのんびり出来る。至福の一日である。(1236)
posted by 矢島正見 at 14:18| 我流雑筆

 ようやく咳が止まりだした。ひと月ほど続いた咳だった。(1235)
posted by 矢島正見 at 14:17| 我流雑筆

2011年11月06日

ギリシャとイタリアと日本

 ところで、ギリシャが国家破産ぎりぎりのところまで追い詰められているとのこと。さらにイタリアも危険なようだ。
 日本はギリシャやイタリア以上の巨額赤字国家。直ちに税金を今の2倍、消費税を30%にしても、赤字財政が何十年も続くほどの赤字国家である。それなのに、どの政党も宗教法人から税金を取ろうとはしない。まもなく日本沈没か。(1234)
posted by 矢島正見 at 17:59| 我流雑筆

愛花と虎徹と

 5日、帰宅したら愛花と虎徹のお出迎え。その晩は愛花と虎徹はお泊り。本日、二人は帰っていった。愛花は3泊4日のお泊りだった。(1233)
posted by 矢島正見 at 17:57| 我流雑筆

徳島へ

 11月4日は徳島にて少年警察ボランティアの方々に対して講演。そのあと夕方からご招待で一杯。さらに二次会はカラオケ。翌日は土砂降りの雨。その中を車で走り、阿波の人形浄瑠璃を見て、たらいうどんを食べ、そして帰路。(1232)
posted by 矢島正見 at 17:56| 我流雑筆

2011年11月02日

 咳が止まらない。10月10日から咳が始まったので、もう3週間以上続いている。熱は2日間ほど37度台前半になっただけで、後は平熱。喉の痛みもない。下痢もない。咳止めトローチをなめてはいるがほとんど効かない。ただし、激しい咳ではない。出ないときは数時間全く出ない。何なんだろうって感じだ。(1231)
posted by 矢島正見 at 21:15| 我流雑筆

中央大学付属高校ステップ講座

 本日(11月2日)、中央大学は白門祭にて全学休講。にもかかわらず、私は武蔵小金井にある中央大学付属高校へ出張講義。高校2年生を対象としたもので、150人ほどのイケメンガキやピチピチ小ギャルの前でウハウハの講義。(1230)
posted by 矢島正見 at 19:36| 我流雑筆

バアサンたちとの一泊旅行

 10月29日・30日と小学校の同級生たちと一泊旅行。62歳と63歳のジイサン3名、バアサン6名による高齢の、いや恒例の旅行である。夜は甲府の街で飲んで、二次会はカラオケ。一人のバアサン、はしゃぎすぎてひっくり返り、たんこぶをつくるというハプニングまであり。ところで、女はいくつになってもよくしゃべる。これには心底感心する。(1229)
posted by 矢島正見 at 19:35| 我流雑筆