2011年09月09日

4月の酒量報告

 酒量を日本酒に換算して、◎…3合以上、○…1合以上3合未満、△…1合未満、×…無飲酒。
 1日…△、2日…○、3日…○、4日…◎、5日…◎、6日…×、7日…○、8日…◎、9日…◎、10日…◎、11日…△、12日…○、13日…○、14日…◎、15日…△、16日…◎、17日…○、18日…○、19日…○、20日…○、21日…◎、22日…◎、23日…○、24日…◎、25日…◎、26日…◎、27日…○、28日…○、29日…◎、30日…◎。
 以上、◎…14日、○…12日、△…3日、×…1日。
 ◎を3点、○を2点、△を1点、×を0点としての、ひと月の合計点は69点である。(1198)
posted by 矢島正見 at 10:54| 我流雑筆

2011年4月・その4

 14日、淑徳大学へ。
 16日、小熊夫妻(長男の嫁の父母)が新潟の小出から来る。孫見たさに。うちのバーバに劣らぬほどの可愛がりようである。
 22日はことぶき福祉作業所の運営委員会。24日は少年非行防止対策日韓学術交流会幹事会。
 25日、がん検診、その後(財)青少年問題研究会全体会。
 29日、次男・大地家族の新築の家を見に行く。愛花を預かり、4泊5日の「バーバのおうちへのおとまり」。
 30日、日本社会病理学会理事会。
 その他、教授会、大学院会、高大一環教育委員会、等々。
 未だに、日本犯罪社会学会の次期大会受け入れ校決まらず。
  松本清張『虚線の下絵』読。杉浦ゼミ報告書読。
 4月の後半から、『戦後日本青少年問題史考』執筆始める。(1197)
posted by 矢島正見 at 10:49| 我流雑筆

2011年4月・その3

 毎年、この時期は、多量の講義・実習資料の印刷に追われる。ティーチングアシスタントに手伝ってもらいながら、全教科で2万枚近く印刷する。
 それを研究室のテーブル(180p×90p)に、科目ごとに積み上げる。さらに、科目ごとにファイルやノートを並べる。壮観ではあるが、院の講義も、ゼミ生と一杯やる空間もなくなる。仕方ないので、社会学資料室で、院の講義も飲み会もやっている。
 夏が近づき、大量のコピーがどんどん無くなっていくのを眺めるのは、一種の快感である。(1196)
posted by 矢島正見 at 10:48| 我流雑筆