2011年08月16日

1月の酒量報告

 酒量を日本酒に換算して、◎…3合以上、○…1合以上3合未満、△…1合未満、×…無飲酒。
 1日…◎、2日…○、3日…×、4日…△、5日…◎、6日…△、7日…○、8日…△、9日…◎、10日…×、11日…○、12日…◎、13日…○、14日…○、15日…◎、16日…×、17日…◎、18日…◎、19日…△、20日…○、21日…◎、22日…×、23日…○、24日…○、25日…◎、26日…◎、27日…◎、28日…○、29…◎、30日…△、31日…◎。
 以上、◎…13日、○…9日、△…5日、×…4日。
 12月に比べると、がぶ飲みの日は少なくなった。しかし、よく飲んでいる。超多忙の日々でも、飲む時間はあるのだ。と言うよりも、飲まないとこの多忙さは乗り切れないのだ。
 ところで、◎を3点、○を2点、△を1点、×を0点として、ひと月の合計点を換算すると、ほとんど60点から70点の間に収まる。つまり、毎年ほぼコンスタントに飲んでいるということだ。ちなみに1月は62点、12月は69点であった。(1168)
posted by 矢島正見 at 22:40| 我流雑筆

超多忙の山がまたまた来た

 23日から犯罪不安感調査報告書の作成に取り掛かる。これが実に大変なのである。
 しかし、これだけをしていればいい、なんて身分ではない。警察学友会議員選定委員会、ゼミ論集作成、(財)青少年問題研究会全体会、修士論文口述試験、卒業論文口述試験、日韓学術交流会助成申請書類作成、神奈川県児童福祉審議会環境部会開催、社会安全研究財団研究助成選考委員会、大学院入試採点・口述試験、大学院合否委員会、大学院教務委員会、等々、こうして1月も過ぎ、2月となった。しかし、犯罪不安感調査報告書の作成はまだまだ続く。(1167)
posted by 矢島正見 at 22:38| 我流雑筆

1月の後半

15日は院生の論文を2つ読み、16日は現代社会研究の試験の採点。その後は、『青少年問題』第643号の原案作成、学文社へ献本先一覧送付。大学では仙台入試打合せ、成績書提出、ゼミ選考会、等々。その他では、東大和市講演レジュメ作成、神奈川県児童福祉審議会環境部会打合せ、等々。にもかかわらず、海音寺潮五郎『覇者の条件』、『大学破綻』を読んでいる。我ながらたいしたものである。(1166)
posted by 矢島正見 at 22:34| 我流雑筆

あけまして……

 2011年の1月1日は息子、孫、姪っ子、その子などが集まって、昼間から一杯。しかし、3日からは仕事。卒業論文査読、修士論文査読および手直し。7日からはもう大学開始。一日中雑務。9日になってようやく再度新年の飲み会。
 1月10日(成人の日)の手帳には、このように書かれている。「『青少年問題』掲載原稿読」「神奈川県児童福祉審議会環境部会議事録校正」「大学院提出書類作成」「通信教育―レポート課題4題作成・課題採点基準作成・試験問題12問作成」「社会安全研究財団研究助成申請審査」となっている。忙しいはずである。
 その後、大学に行けば雑務に追われ、自宅では(財)社会安全研究財団研究助成申請審査が続く。(1165)
posted by 矢島正見 at 22:32| 我流雑筆

2011年3月11日11時10分

 2011年3月11日11時10分の記入で、プッツリと「我流雑筆」の書き込みが途絶えてしまいました。そのため、「3.11」の大震災に巻き込まれたのではないか、という噂まで出たようです。
 いたって元気でおります。ただ、絶望的に忙しかったのです。これから、少しずつ、書いていきます。
 2011年の2月23日に、新年のご挨拶をさせていただきました。遅ればせのご挨拶でした。したがって、今年の新年後からのことを書いていくことになります。途中で断念して、また「永の無沙汰」なんてことになるかもしれませんが。(1164)
posted by 矢島正見 at 22:29| 我流雑筆