2011年08月14日

老舗

 この「矢島正見わーるど」は1999年12月20日からスタートした。11年と8ヶ月ほど前である。この頃は「ブログ」も「プロフ」も「ミクシー」も「ツイッター」もなかった。「ホームページ」という概念があっただけである。
 企業・団体ではホームページは当たり前になっていたが、個人で開設している人はまだ少なかった。そんなときからの開設である。いわば「老舗」である。たいしたことないが、それでも「老舗」である。
 近頃のガキどもの「おしゃべり」と心の「癒し合いごっこ」とは違う。誰が読んでも構わないが、「返信」は無用、むしろ「迷惑」。こんな感じでネットをやっていれば、「誰からも応答がない。ネットですら俺を無視してる」なんて、むかついたり惨めになったりすることはないのだが……。(1158)
posted by 矢島正見 at 15:07| 我流雑筆

164871

 久しぶりに「矢島正見わーるど」を開けてみたら、2011年8月13日12時35分の時点で、アクセス回数が「164871」番であった。
 2011年2月23日の「我流雑筆」で「163165」となっている。171日の間に「1706」回更新されていたわけだ。一日10回のアクセス。ありがたいことである。長い間申し訳ありませんでした。
 なお、ただ今、2011年8月14日15時00分の時点で、アクセス回数は「164878」番です。(1157)
posted by 矢島正見 at 15:00| 我流雑筆

問題解決

 パスワードが分かりました。昨日、「我流雑筆」を書き溜めたので、本日は、ウハウハと書き込めます。とにかく今は、愛花(最年少の愛人、まもなく4歳)もお昼寝中なので、最高にウハウハです。(1156)
posted by 矢島正見 at 14:47| 我流雑筆

久しぶりに、と思ったら

 ようやく「我流雑筆」を再開しようとしたのだが、パスワードを忘れてしまったようで、何度入れてもエラーになってしまう。確かこの記号だったはずなのにと、かなり確信的に覚えていたはずなのだが、何十回と入れなおしてもエラーとなる。
 今、ある人に私のパスワードを問い合わせ中。その間、一時しのぎとして、一太郎で下書きをしている、という次第である。これが日の目を見るということは、パスワードが分かり、「我流雑筆」に書くことが出来たときだ。
 「ご無沙汰すれば忘れる」。これは法則命題ですな。(1155)
posted by 矢島正見 at 14:44| 我流雑筆