2011年08月14日

久しぶりに、と思ったら

 ようやく「我流雑筆」を再開しようとしたのだが、パスワードを忘れてしまったようで、何度入れてもエラーになってしまう。確かこの記号だったはずなのにと、かなり確信的に覚えていたはずなのだが、何十回と入れなおしてもエラーとなる。
 今、ある人に私のパスワードを問い合わせ中。その間、一時しのぎとして、一太郎で下書きをしている、という次第である。これが日の目を見るということは、パスワードが分かり、「我流雑筆」に書くことが出来たときだ。
 「ご無沙汰すれば忘れる」。これは法則命題ですな。(1155)
posted by 矢島正見 at 14:44| 我流雑筆