2011年08月28日

3月11日・その2

 さて、片付け。
 まずは、玄関から。靴棚の中はごちゃごちゃになっていたが、扉が閉まっていたので、ごく簡単に元に戻すことが出来た。
 次に、リビングの食器棚。これも開けて、食器を丁寧に並べれば終了。これも簡単。キッチンの扉は自動ロックがかかり、開かない。どうやっても開かないのであきらめた。下の棚の開くところだけ片付け、冷蔵庫の中も片付けた。冷蔵庫の扉は開いていて、中身が飛び出していたが、さほど危険なものはなく、納めるだけで済んだ。トイレもごく簡単に終了。
 その間、虎徹は私の作業を神妙に見ていた。(1185)
posted by 矢島正見 at 13:45| 我流雑筆

2011年08月27日

3月11日・その1

その日の午後、昼食を食いに家を出た。13時頃のこと。
 行きつけのカラオケスナックで昼食をやっていたので、そこに入った。昼からおばさん・おじさん連中がカラオケをやっている。私は、後ろの座席で、飯を食いながら、仕事。
 14時を過ぎて、仕事を仕舞い、前のカウンターに移り、水割りを飲み、カラオケで一曲、二曲。そのとき突然、ぐらぐらと動き始めた。最初はゆっくりと揺れていたが、そのうち徐々に揺れが激しくなり、すごい揺れが襲ってきた。客はドアを開け、外に。電柱がぐらぐらと揺れている。立っているのが怖いくらいだ。
 ただし、店の棚やカウンターからグラスが落ちるということはなかった。したがって、その時点では、「すごかった」という印象に過ぎなかった。
 ところが、その後、また地震が襲ってきた。今回もこれまたすごい。
 揺れが収まってから、カラオケを出て、虎徹(2歳の孫)の保育園のあるマンションに向かった。踏切が降りていて、通ることが出来ない。踏み切りの向こうにあるマンションは何事もなかったようだ。騒いでいる様子もない。
 そこで、いったん我が家に帰ることにした。途中、成田エキスプレスが停まっていた。そして、車両から客が大きなトランクを抱えて、降りてきて、駅員の誘導にて線路を歩いていた。
 我が家に帰ってみて、驚き。
 一階のリビングのテレビが床に落ちている。しかし、割れていない。ひと安心。食器棚は無事だったが、中のグラスは全て倒れている。しかし、鎖で開かないようにしていたのが幸いした。グラスは割れてなかった。ここでもひと安心。倉庫の棚は倒れ、傾き、本や食料等が一面に散らばっている。
 二階では、私の部屋は本や書類がなだれ落ち、入ることも出来ない。箪笥も転げ落ちている。三階はたいしたことなく、パソコンは無事のようだ。
 家の構造自体はおかしくなっていないようだ。大変なことになってはいたが、危険はない。
 全体を点検したあと、テレビだけ元に戻して、虎徹救出に向かう。相変わらず遮断機は落ちている。それを無視して踏み切りを渡り、保育園へ。
 虎徹はいたって元気。私に飛びついてきた。虎徹と我が家へ行く。止まっている成田エキスプレスを見て、「でんちゃ、とまってるねー」と不思議がる虎徹。(1184)
posted by 矢島正見 at 16:03| 我流雑筆

2011年08月26日

「我流雑筆書庫」

 昨日、「我流雑筆」と「我流雑筆書庫」をぱらぱらと読み返してみたのだが、以前の「我流雑筆」は実に面白い。特に、シリーズものが面白い。
 それに比べると、今の「我流雑筆」はつまらない。シリーズものもなくなってしまった。あの頃は執筆にかなり熱が入っていたようだ。
 「反省!」ということだが、もうそんな熱は出そうもない。反省しつつも改めないというやつだ。(1183)
posted by 矢島正見 at 22:40| 我流雑筆

移行手続電子送付完

 昨日、財団移行手続きの電子送付完了。法学系の官僚と付き合うのは本当に骨が折れる。ただし、移行が完了したというわけではない。おそらく「不備」という返信がそのうち来ることであろう。これを数回繰り返して、ようやく完了。年内中に移行手続きが終わればベリーグッドだ。(1182)
posted by 矢島正見 at 22:19| 我流雑筆

2011年08月25日

財団移行手続き

 昨日は、財団法人青少年問題研究会の一般財団への以降手続き作業を、理事長と総務主任の二人で行った。
 理事長は論理的に優秀であるが技術はダメ。総務主任は論理的には劣るが技術に優れている。そこで、どうしても二人でやらないとことがうまく進行しない。
 本日は、総務主任が完成(と思われる)手続データを電子送信する予定になっているが、はたしてうまくいったか否か。(1181)
posted by 矢島正見 at 13:22| 我流雑筆

12日間で160回

 8月13日12時35分のとき、「矢島正見わーるど」のアクセス回数は164871回、8月25日13時00分のとき、165031回。12日間で160回、平均13回。やはり、更新し出すと、アクセス回数もいくらか増えるということがわかる。
 なお、ようやく165000回を突破した。2010年6月の中旬に160000回突破だったので、14ヶ月かかった。(1180)
posted by 矢島正見 at 13:17| 我流雑筆

犯罪不安感調査報告書の点検作業

この作業には随分と時間を費やした。それには訳がある。
 3年前の前回の報告書では、原稿の点検が十分でなかったために、完成した報告書にミスが多出した。特に私のところがひどかった。
 その反省から、今回は実に丹念に報告原稿のチェックを行った。図表等の数値の点検も5回おこなった。また、他の執筆者の原稿にも数回のチェックを入れた。そのために、原稿完成後も、印刷所に渡す直前まで、随分と労力を費やすことになったのである。(1179)
posted by 矢島正見 at 13:16| 我流雑筆

2011年08月24日

新年度講義準備・その2

 社会学史担当の矢野先生が2011年度はサバティカルなので、一年間だけ私が社会学史を担当することになった。社会学史の担当はほぼ10年ぶりのことである。
 昔の古いノートはあるものの、教え方をやや改めることにした。毎回のようにコピーを配布し、その配布コピーに、私が話したことや黒板に書いたことを書き入れていく、という方式を取った。このコピーづくりが意外と大変であった。
 なお、この社会学史は通年科目なので、後期も続く。(1178)
posted by 矢島正見 at 12:07| 我流雑筆

新年度講義準備・その1

 毎年、3月は新年度の講義準備をするのだが、ほんの数日で完了する。
 ところが今年はそうはいかなくなった。理由は2つ。
 ひとつは「社会問題」で、新しいテキストを使用することにしたからだ。新しいテキストを使用する年は、どのように講義を構成するか、考えなくてはいけない。テキストの丸読みはダメ、テキストから離れすぎてもダメ。どこを読み、どのように説明し、どのような例を出すか、講義進行の速度は、等々、それなりの準備が必要である。
 幸い、使用するテキストは全て私が執筆したものなので、頁をめくれば、たちどころに何が書かれているかは分かるので、その点は楽であったが、テキストの内容が、およそテキストにはならない内容なので、その点で、大いに苦労した。
 テキストの構成は「序、第T部(第1章〜第3章)、第U部(第4章〜6章)、第V部(第7章〜第8章)、補遺、跋」となっている。
 第1回目の講義では、ガイダンスとコピー配布でテキストとは離れて講義した。大半の学生がまだテキストを購入してないからだ。第2回目から、「序」「補遺」「第1章」「第2章」「第3章」「跋」と講義し、その後は「第4章」の一部、「第5章」の一部、「第6章」の一部を講義し、最後にまとめて終了。
 まあまあの評判であった。(1177)
posted by 矢島正見 at 12:05| 我流雑筆

3月11日正午まで

 2月末まで既に書いた。これから書いていくのは3月からである。
 3月1日、法人相談会。3日、教授会、大学院会、紫文会。4日、社安研。7日、教学委員会、給与委員会。8日から10日までは、民衆文化研究会にて伊豆研究旅行。
 この間、『なぜ日本人はとりあえず謝るのか』、梶井基次郎短編集読、山田論文読、辻論文読。さらに、内閣府からの財団査定の準備として、(財)青少年問題研究会会議録・『青少年問題』会議録作成。
 またさらに、新年度からの講義の準備、「我流雑筆」執筆再開(ただし、途端に挫折)、犯罪不安感調査報告書の点検作業。(1176)
posted by 矢島正見 at 12:01| 我流雑筆

そろそろ、まだまだ

 そろそろ、忙しくなってきた。今、日本社会病理学会で大きな問題を抱えている。その調査結果報告を20日から昨日まで4日間、夜中までやっていた。ようやく、めどがついたが、次の仕事が詰まっている。
 ということは、また「我流雑筆」はしばらくお休みか、というと、そうではない。書き溜めたのがあるので、それをちょろちょろ出していく。したがって、まだまだ続く。(1175)
posted by 矢島正見 at 11:13| 我流雑筆

2011年08月20日

63歳

 2011年8月19日、とうとう63歳になった。その日は妻とベルギービール「シーメイ赤」「シーメイ白」「シーメイ青」をおのおの一本ずつ(二人で計6本)飲み、「人間の条件」を観てしまったので、さらにウイスキー「余市」を飲み、そして本日は完全な二日酔い。(1174)
posted by 矢島正見 at 22:39| 我流雑筆

2011年08月18日

8月16日と17日

 一昨日の16日は菩提寺の施餓鬼。毎年、この日は親戚が一同に我が家に集まる。今年も、一同我が家に集合。大人11人、子ども6人。最年長は87歳、最年少は7ヶ月。11時30分頃から飲みだして、半数ほどの人たちが帰ったあと、私は5時頃にダウン。二階で寝てしまった。
 昨日の17日は横浜の花火大会。毎年8月1日に行われるのだが、今年は17日に。おかげで見に行くことが出来た。久しぶりのことである。ビールを飲みながらの花火。一時間弱の打ち上げであったが、ことしはかなり気合が入っていた。帰りは四人でカラオケスナックへ。(1173)
posted by 矢島正見 at 13:15| 我流雑筆

2011年08月17日

2月の酒量報告

 酒量を日本酒に換算して、◎…3合以上、○…1合以上3合未満、△…1合未満、×…無飲酒。
 1日…△、2日…○、3日…○、4日…○、5日…◎、6日…○、7日…◎、8日…◎、9日…◎、10日…◎、11日…◎、12日…◎、13日…△、14日…○、15日…○、16日…○、17日…◎、18日…×、19日…◎、20日…○、21日…○、22日…◎、23日…△、24日…○、25日…◎、26日…○、27日…○、28日…◎。
 以上、◎…12日、○…12日、△…3日、×…1日。
 ◎を3点、○を2点、△を1点、×を0点としての、ひと月の合計点は63点である。(1172)
posted by 矢島正見 at 15:07| 我流雑筆

2月後半

 仙台から帰ってきて、犯罪不安感調査報告書作成再開。16日、ようやく完成。17日、警察大学校の特別講義。18日、東京都被害者支援センター理事会・総会。24日、研究室会議、仙台出張報告。26日、東大和市講演。28日、(財)青少年問題研究会全体会・編集会議。その間、『中大社会学』に雑文執筆、『セカンドチャンス』読、『警察の誕生』読、『ぶっちぎり少年院白書』読。そして、犯罪不安感調査報告書の他の人の執筆の校正。(1171)
posted by 矢島正見 at 15:06| 我流雑筆