2010年11月08日

ほかのこともやってましたC

 こんなにも忙しいのに、睡眠だけはきっちりととっています。7時間眠るように心がけています。
 電話が鳴っても絶対に起きません。孫の愛花に「ジージ、おきてーっ」と何度か言われて、ようやく起きる程度です。
 ただし、睡眠は浅く、睡眠導入剤を飲まないと眠れなくなってきています。
 しかし、「ほかのこともやってました」の最後はなんと言っても「睡眠」であることには変わりありません。なにしろ、酒を飲んでいる間よりも寝ている間のほうが長いのですから。(1139)
posted by 矢島正見 at 23:50| 我流雑筆

ほかのこともやってましたB

 「ほかのこと」と言えば、当然「酒」です。これはもう、欠かさずがんばってます。
 結婚式では名古屋で飲んで、学会では世田谷でそして道頓堀で飲んで、新幹線内で飲んで、爺さんの納骨では寿司を食いながら飲んで、ゼミのオフィスアワーではピチピチ学生とうはうは飲んで、講演後はちゃんこ鍋でご招待されて飲んで、研究会後はワインを飲んで、息子たちとは孫の相手をしながら飲んで、全体会では平均年齢60歳で飲んで、妻とはカラオケで飲んで、ほろ酔いかげんでもう一軒一人で飲んで、研究室で飲んで・我が家で飲んで、多摩センターで飲んで・高幡不動で飲んで・橋本で飲んで・神田神保町で飲んで・保土ヶ谷で飲んで、おごって飲んで・おごられて飲んで・割り勘で飲んで、座って飲んで・立って飲んで、等々、さまざまに飲んでいました。
 近いうちに酒量報告をします。(1138)
posted by 矢島正見 at 23:26| 我流雑筆

ほかのこともやってましたA

 9月はゼミ合宿、日本犯罪社会学会常任理事会、大学院入試問題作成、日本社会病理学会会計監査、学文社原稿提出、N野氏との再会・飲み会、日本犯罪心理学会大会、日本社会病理学会大会、研究教育審議会大学改革部会、(財)青少年問題研究会全体会、健康診断、教授会、大学院会、そしてこまごまとした雑用・雑務です。
 10月に入って、日本犯罪社会学会大会、海外帰国生入試面接、新宿少年センター講演、大学院入試採点・口述諮問、教育実習指導、法務省矯正研修所高等科研修講義、高大一貫教育委員会、少年非行防止政策日韓学術交流会役員会、少年法研究会、研究教育審議会大学改革部会、研究室会議、教授会、大学院会、ゼミ卒生結婚式、神奈川県児童福祉審議会、教学審議会、(財)青少年問題研究会全体会、人文研究所会議、大学院外国人留学生試験待機、大学院外国人留学生試験採点・面接、日本社会病理学会ニュース原稿執筆、少年非行防止政策日韓学術交流会ニュース発行、少年非行防止政策日韓学術交流会世界大会申込申請、そしてこまごまとした雑用・雑務です。
 これだけでも、ごく普通の先生よりも数倍やっているのではないかと思います。(1137)
posted by 矢島正見 at 23:01| 我流雑筆

ほかのこともやってました@

 9月から10月にかけて『社会病理学的想像力』を執筆していただけではありません。もちろんさまざまなことをしていました。
 まずは、講義です。学部の授業も院の授業も、一生懸命というわけではありませんが、それなりにまじめに講義しています。これでおまんまを食べているのですから。
 ただし、最近の私の講義は、だんだんと枯れてきました。やはり歳なんですね。
 また、多くの先生が画像・動画などをふんだんに使ってのヴィジュアルな講義に移行していますが、私の場合は語りと板書という昔からの古いタイプの講義です。
 芸能にたとえるならば、扇子と手ぬぐいだけの落語のようなものです。あくまでも話芸の講義です。(1136)
posted by 矢島正見 at 22:48| 我流雑筆