2010年07月05日

夏休みはまだまだ遠い

 とうとう7月になりました。梅雨も本格化し始めました。大学はまもなく夏休み、と言いたいのですが、とんでもございません。まだまだです。
 10年ほど前でしたら、7月も15日を過ぎれば夏休みでした。私的には12,13日頃から夏休みでした。
 ところが、中央大学にあってすら、今では8月4日から夏休みです。大学によっては10日からようやく夏休み、なんてところもざらにあります。
 ただし、私の場合は、7月26日から8月3日までの前期試験がありませんので、要するにレポートもしくは最後の授業の日にテストをするので、その間は夏休みとなります。また、補講期間も授業しませんので、それも休みとなります。
 ただし、文学部公開講座を開きますので、それが最後ということになります。
 ということで、私の夏休みは、以前からすると10日ほど遅くなっていますが、それでも今の大学教員の平均からすると、早いです。
 しかし、多様な委員会は夏休みの間でも開催されます。また、「休み」などと、とんでもない。山のような雑用を抱えております。
 夏休みであっても、宿題をどっさりと出されて、さらに学習塾夏期講習に通う、小学生の気分です。(1116)
posted by 矢島正見 at 10:36| 我流雑筆