2010年06月28日

バレーボール大会完全優勝

 6月27日の日曜日。中央大学第二体育館にて、中央社会学会主催のバレーボール大会が開催された。ゼミやクラス単位での9チームが参加して、10時30分に開始。
 もっとも私が体育館についたのは午後1時半過ぎ。予選リーグを4戦全勝で勝ち抜いたわが矢島ゼミは、もちろんシードで決勝トーナメント戦へ。
 準決勝では2セット先取で勝利。決勝戦では3セットと、大接戦ではあったが、露木ゼミを下して、見事完全優勝。
 それもそのはず、「優勝したらベルギーのうまいビールを飲ませてやる」という私のひと言で、ゼミ生奮起。ひと月前から練習を積み重ね、13名という大軍団で出場。しかもその半数は女子。この女子が男にも負けないくらいうまい。
 優勝後は、社会学資料室に集まり、佐々木ゼミ生も交えての勝利の乾杯。見ているだけの私までが汗だくの一日であった。
 なお、私以外、教員は一人も来なかった。実にけしからん。(1115)
posted by 矢島正見 at 23:37| 我流雑筆

摸擬講義

 夏になると、毎年、摸擬講義等に引っ張り出される。オープンキャンパスでの摸擬講義、文学部公開講義での摸擬講義、そして今回は神奈川県立相模原高校2年生ほか2高校生を対象とした摸擬講義。題して「欲望の社会学」。
 6月26日(土)、中央大学多摩キャンパスに集まった120名ほどの高校生を対象としての90分間の講義。まずまずの成功であった。
 今回参加した高校生はほぼ全員、私の講義に喰らいついてきていた。高校生はこうでなくてはいけない。(1114)
posted by 矢島正見 at 23:24| 我流雑筆

休みなし

 6月7日から休んだ日がない。遊んだ日はあるが、私の場合「休む」とは「一人でボケーッと気ままに過ごすこと」なので、付き合いや遊びは「休む」というカテゴリーには属さない。
 単に授業ということなら週3日である。土日は休みだし、そのほかにも2日の休みがある。
 ところが、研究教育審議会だとか教学審議会だとか、大学評議員会だとか、学員会幹事会だとか、やたらと会合がある。そのために、八王子にお茶の水にと出かけていかなくてはならない。
 19日と20日の土日は、中央大学で関東社会学会があった。名目上とはいえ、大会開催実行委員長なので、二日間出向いていった。
 会員は900名余だが、参加者は180名ほど。参加率がかなり低い。また、会員の大半が若手研究者(院生やオーバードクター、非常勤講師)によって占められており、会員の流動が激しい。総会では、役員と私以外では、たったの二人しか参加していなかった。なんともお粗末というか、哀れであった。(これは余談)
 26日と27日の土日は特別摸擬講義とバレーボール大会。このことは次に書く。(1113)
posted by 矢島正見 at 23:04| 我流雑筆

ワールドカップ

 4年に一度のワールドカップがやってきた。私の予想に反して、よくやっている。
 一次リーグ3連敗と思っていたのだが、ベスト16とはたいしたもの。日本のサッカーが全世界で第16位なんだから。明日はパラグアイ戦、まあここまでであろう。
 今回も審判のミスジャッジがでた。今のような審判方法を取っている限り、絶対になくならない。この点、サッカー協会の体質は、日本の相撲協会よりも保守的である。もっとも、サポーターもそうなのかもしれないが。
 解説者が「こちらから見ると入っているようにも見えますが」なんて、誰に遠慮しての発言なのか、実にチンケなことをしゃべっていた。「完全なミスジャッジです」と何故言わないのか、これも不思議だ。(1112)
posted by 矢島正見 at 22:47| 我流雑筆

1111回の書き込み

 今回で、この「我流雑筆」の書き込みも「1111回」となりました。まあよく書きました。およそ10年半です。
 いろいろなホームページがあり、最近はブログだとかプロフだとか、またミクシーなるものでの書き込みが大盛況ですが、書き込み歴(年数)だけならば、私のこの「我流雑筆」はそれなりのものではないでしょうか。(1111)
posted by 矢島正見 at 22:34| 我流雑筆

2週間ぶり

 生活にゆとりがないんでしょうねえ。書いたと思うと、しばらく書かなかったり。62年間の疲れが出てるのでしょうか。
 「まもなく、おそらく16日頃」という「アクセス16万回」も、とうに過ぎてしまいました。今は「160167回」です。どなたがアクセスなされたのか、おそらくは私のよく知っている方でしょう。
 一日のアクセスは15回ほどでしょうか。アクセスも疲労しているようです。(1110)
posted by 矢島正見 at 22:27| 我流雑筆