2009年10月27日

なんにもしないことの大切さ

 学会大会から帰って来て、ボケーッとしたのは二日間だけ。その後は、仕事での苦痛の日々と愛花お嬢様との愛の日々。
 ひと月間、手帳を持たず、ケータイを持たず、もちろんパソコンを持たず、一切の仕事と雑用から離れて、たった一人で、誰も知らない山奥のひなびた温泉宿で、なにもせず、なにも考えず、温泉宿の人にボケ老人と思われるほどに、ぶらぶら・ごろごろ、ごろごろ・ぶらぶらしていたい。
 今度のサバティカルではそうするつもり。(1068)
posted by 矢島正見 at 22:59| 我流雑筆

2009年10月24日

虎徹中耳炎

 今度は虎徹が熱を出した。風邪か新型インフルエンザか、と思いきや、中耳炎。耳から膿が出てきた。内科から耳鼻科へ。
 太陽と光陽は1ヵ月検診。ともに順調に成長している。
 愛花は、昨日からジジ・ババの家にお泊り。まだまだわがままお嬢様。もっとも、犯罪生物学では2歳児が最も凶暴とのこと。(1067)
posted by 矢島正見 at 15:56| 我流雑筆

2009年10月19日

日本犯罪社会学会第36回大会

 10月16(金)17(土)18(日)の3日間、北九州市立大学にて日本犯罪社会学会第36回大会が開催されました。
 16日は「公開シンポジウム」と「全国理事会」。その夜はもちろん飲み会。二次会で連れて行かれたところがスナック「白門」。ママさんが中大出身で、北九州大学の中大出身の先生方の溜まり場とのことでした。
 17日からは本大会。総会後は懇親会。そしてやはり小倉の夜へ。
 18日は本大会二日目。シンポジウムでは第一報告者。そして閉会。
 帰宅は午後11時過ぎ。いやはや、疲れました。(1066)
posted by 矢島正見 at 11:56| 我流雑筆

2009年10月13日

帽子

 私は帽子をかぶる。ここ十数年かぶり続けている。
 今年の夏合宿のこと。最後の日の夜のコンパ。「先生、支度ができました」という学生のお迎えで、会場に行ったところ、会場が暗い。
 よく見ると、ゼミ生たちが左右に並んでいる。その中を通って行くと、電気がついて、クラッカーの嵐。
 「お誕生日おめでとうございます」という次第だ。ひと月遅れの誕生会もいいものである。
 テーブルにはケーキ。面白いことに3種類のショートケーキが輪になって、1つのデコレーションケーキとなっている。
 その3種類のケーキを少しずついただいて、あとはゼミ生たちのじゃんけん。勝った者が御馳走にあずかれるという次第だ。
 プレゼントは高給の芋焼酎と帽子。イモ焼酎は38度の原酒でうまかった。帽子は頭のサイズが合わないので取り替えてもらうことにした。
 授業が始まり、ゼミが始まり、帽子が届いた。
 今まで、私は学生たちに3つ帽子をもらった。残念ながら1つはなくしてしまったが、今回のを含めてあと2つある。2つともお気に入りの帽子だ。被ると2割ほどいい男になる。(1065)
posted by 矢島正見 at 10:47| 我流雑筆

9月の酒量報告

 毎度おなじみの9月の酒量一覧。
 酒量を日本酒に換算して、◎…3合以上、○…1合以上3合未満、△…1合未満、×…無飲酒。
 1日…○、2日…○、3日…○、4日…○、5日…◎、6日…◎、7日…○、8日…○、9日…△、10日…◎、11日…◎、12日…○、13日…○、14日…○、15日…○、16日…○、17日…△、18日…◎、19日…△、20日…○、21日…○、22日…○、23日…○、24日…○、25日…◎、26日…◎、27日…△、28日…◎、29日…○、30日…○。
 以上、◎…8日、○…18日、△…4日、×…0日。
 今月は先月に比べ実に面白い傾向を示している。◎が13日から8日と激減した。△も6日から4日と減少した。そして×の日がなくなった。激増したのは○の日で、11日から18日となった。
 要するに、二日酔いになるほどに飲んだ日は少なくなったが、飲まなかった日は一日たりともなく、のべつ2合前後ほどの酒を飲んでいた、ということである。(1064)
posted by 矢島正見 at 10:19| 我流雑筆

2009年10月11日

運動会

 昨日は虎徹の運動会。
 1歳にも満たないガキの運動会もないだろうと思っていたのだが、泣かないで出番を待ち、ママが走って迎えに来るまで、よく囲いの中で静かにしていた。なかなか関心。
 保育園の園児は60名、保育士さんは数えたところ12名。大半の保育士はよくやっていた。なぜかみんな小太りといったところが、面白い。
 ただし、「園長」というおじさん、あれはいただけない。単なる経営者。大地主の息子で不動産会社の社長、といったところか。
 自分には「オーナー」と呼ばせ、保育士の代表を、雇われ「園長さん」と言わせたほうがよい。
 愛花お嬢様が運動会にしもべババとやって来た。そして、昨日は、我が家に宿泊。今も我が家にいるのだ。
 試練に耐えたのか、いくらかわがままが直ってきた。良いことである。(1063)
posted by 矢島正見 at 10:42| 我流雑筆

2009年10月04日

愛花お嬢様発熱

 保育園に行った愛花お嬢様……世の中にはジジ以上に思い通りにならない人がいっぱいいることを身に染みて感じ、自宅に帰ってからも、ママは双子の弟たちにかかりっきりで思い通りに行かず、とうとう体調を崩し、自律神経がおかしくなり、発熱……とまあ、こんな感じなのではないか、と勘ぐっている。(1062)
posted by 矢島正見 at 12:43| 我流雑筆

2009年10月03日

ケータイ

 私はいつもケータイの電源を切っている。そして使うときに電源を入れる。皆さん不思議がるが、これがケータイ使用の当然の姿だと思っている。
 さて、先日、そのケータイの電源が入らない。てっきり壊れたと思った。念のため、家に帰って充電とてみた。そうしたところ、また使えるようになった。電気がなくなっていたようだ。
 まだ十分あったはずなのだが。とにかく、こんなこと初めてである。(1061)
posted by 矢島正見 at 11:01| 我流雑筆