2009年08月21日

少年非行防止政策日韓学術交流会 2009年度交流会

 8月19日、国学院院友会館にて「少年非行防止政策日韓学術交流会2009年度交流学術会」が開催された。
 その日は私の61歳の誕生日。本来ならば、数人の、いや数十人の愛人に囲まれてウハウハしているはずなのに、とんでもない。
 「七転八倒の苦しさ」という言葉があるが、こちらは「七転八倒の忙しさ」。
 今回は韓国から12名の研究者が一挙に押しかけてきた。朝の受付の準備から懇親会終了後の始末まで、もう大変。
 明けて20日は、さらに朝から研究会。夕方に閉会となり、またまた呑み会。25名の大所帯で澁谷の夜へ。気配りしながら飲んで食べて。おかげで、62キロの体重が65キロに。
 明けて21日は孫の愛花の2歳の誕生日。しかも、孫の虎徹は発熱。しかし、そんなことには関係なく、韓国の研究者を連れて朝から女子少年院の見学。見学終了後、昼に食事をして、最寄の駅に着き、ようやく解散。これにて一件落着。しんどかった。(1045)
posted by 矢島正見 at 22:36| 我流雑筆