2009年01月23日

再手術

 なんてこったい。傷口から膿が出てきて、結局、本日、傷口を切って、かき回し、膿を取り出し、消毒し、再度縫い合わせた。今度は7針。
 こりゃ、癌の手術より長引く。本日は入浴禁止。明日、また病院へ行く。まったく、なんてこったい。
posted by 矢島正見 at 19:55| 我流雑筆

2009年01月22日

膿だしたー

 12月17日付で、「脂肪の塊を手術して、取り除いた」と書いた。その傷が未だに完治しない。もうひと月以上もなるというのに。
 1月17日、18日は、大学のセンター入試だった。試験監督の私は泊り込み。
 傷は背中であって、自分では絆創膏を貼ることも剥がすこともできないので、計3日間そのままにしておいたところ、傷口が膿だしてしまった。いやはや、である。
posted by 矢島正見 at 02:06| 我流雑筆

2009年01月19日

虎徹

 申し遅れたが、孫は正式に「矢島虎徹」となった。まったく泣かない子だったが、最近はよく泣き出すようになってきたとか。
 顔は「じいさん似」のようなので、かなり期待できそうだ。
posted by 矢島正見 at 13:26| 我流雑筆

2009年01月18日

まだまだ続く

 もう少し書くことにする。
 1月3日「社会問題の実際」執筆再開(といっても、構想を練って、文献を用意していただけ)。
 4日、執筆。5日、さらに執筆、また同日、『2008年少年非行防止対策日刊学術交流会報告書』の「はしがき」も執筆。
 6日、大学、基礎演習レポート提出、大学講義要項作成、遅れて提出した「調査実習報告書」を採点、「社会問題の実際」執筆、学生と飲み会。
 7日、「社会問題の実際」補充文献読、基礎演習レポート採点。8日、「社会問題の実際」執筆。9日、大学講義、ゼミ論提出、雑務、「社会問題の実際」補充文献読、学生と飲み会。
 10日、「社会問題の実際」執筆、『日本犯罪社会学会ニュース』「新会長の挨拶」執筆。
 11日、「社会問題の実際」完成・送付、『季刊誌 社会安全研究』「巻頭言」執筆、「社会問題の見方」ゲラ校正。
 12日、卒業論文査読。13日、卒業論文査読。14日、積もり積もった雑務一気に片付け。15日、センター入試説明会、教授会、警察政策学会少年問題部会。
 16日、「現代社会研究」テスト、センター入試手引き読。17日、センター入試。18日、久しぶりに「我流雑筆」執筆。
 本日これからの予定。「財団法人青少年問題研究会」ホームページの「日記」記述。これも久しぶり。テストの採点。
 これからやること。卒業論文査読、修士論文査読、ゼミ論文査読、成績表の提出、大学院入試、入試委員会、ゼミ選考会、研究室会議、大学院修論口述試験、学部卒論口述試験、国際犯罪学会打合会、八都県市協議会、財団法人青少年問題研究会全体会、諸雑務。
 これらのことを31日までにしなくてはならない。まだまだ忙しい日々が続く。
posted by 矢島正見 at 11:01| 我流雑筆

続きます

 今、中大はセンター入試の真っ最中。私は昨日から泊まり込みで試験監督。
 ところが、私の場合は受験生が一名。その受験生が本日はお休み。
 待機の時間も過ぎ、お役目解除となった次第です。
 そこで、大学にて、久しぶりに、この「我流雑筆」を書いている次第です。
posted by 矢島正見 at 10:52| 我流雑筆

ご無沙汰しております

 お久しぶりです。長い間ご無沙汰してしまい、申し訳ありません。とにかく忙しい日々を送っております。そのうち、少し時間ができましたら、一気に、いろいろと書きます。また、余裕ができたら、つまらない・くだらない・アホみたいなことも書きます。
posted by 矢島正見 at 10:49| 我流雑筆

2009年01月05日

イメチェン

 孫の愛花には嫌われるし、最近は愛人も構ってくれないので、新年を迎え、イメチェンした。
 10年以上も続いたヒゲをばっさりと剃って…、と思ったが、それはやめて、鼻の下・口の上のヒゲを剃り落とした。そしてあごヒゲだけにした。
 何となく違和感はあるが、まあ良しとする。何時まで続くかわからないので、写真を撮りたい方は今のうちである。
posted by 矢島正見 at 23:26| 我流雑筆

2009年01月03日

ようやく終了・まだまだ続く

 社会調査実習の聞き取り調査報告書ならびに自分史分析報告書。A4版・40字×40行のペーパーを積み上げるとおよそ50cmほどになる、ほぼ60人分の報告書を、ようやく読み終えた。
 起きて読み、疲れて喫茶店に行き読み、疲れて帰って来て読み、食事をしてほろ酔いで読み、酔いが醒めて読み、眠ってまた翌日読み……と、暮の22日から2日午前4時まで8日間読み続け、終了した。しんどかった。
 12月15日はゆっくりとくつろぎ、16日は、大学にてセンター入試の説明を受け、埼玉県の方がいらして、青少年の夜型生活スタイルについて質問を受け、その後さまざまな雑用をして、終了。
 翌日の17日から「社会問題の実際」の原稿執筆に取り掛かった。これを書き上げなければ、年は越せない。
 ところが、18日、授業と教授会と大学院会と忘年会、19日、授業とオフィスアワーでその後一杯と、そんなことをしていたら、原稿を書く意欲がなくなってしまった。
 そんなわけで、20日はとりあえず病院に行き、のんびりと文庫本『江戸の組織人』を読んで過ごした。
 翌21日は理事会の準備や雑用。22日は病院。まだ、原稿執筆の意欲が出ない。そこで、22日から社会調査実習報告書を採点することにした。
 こうして、23日(大学の授業、その後日本犯罪社会学会の理事会と忘年会)と25日((財)青少年問題研究会の全体会とその後の忘年会)と28日(千葉銀寿司での恒例の一族忘年会)の3日間を除いて、大晦日も元旦も報告書を読み続けた次第である。
 本日は、千葉から兄貴夫婦が来て、甥っ子も息子たちも孫の愛花も来て、新年会。
 しばし酔っぱらい、床暖のリビングでごろりとなり、酔いも醒めたところで、こうして「我流雑筆」を書いている。
 さて、明日からは「社会問題の実際」に取り掛かる。これを1月の14日までに終わらせないと、本当にまずくなる。12日間あるが、実際に執筆できるのは7日間ほどだ。
posted by 矢島正見 at 00:35| 我流雑筆

2009年01月01日

新年のご挨拶

 新年 あけまして おめでとうございます

 昨年は、とにかく忙しい年でした。この歳になると無理が利かなくなりますし、一杯やると、途端にだらしなくなってしまいます。
 にもかかわらず、責任と役務だけは増え続けるのですから、実にしんどいことです。
 自転車操業でようやく山を越すと、すぐに次の山が迫ってくるという、しんどいしんどい一年でした。
 このしんどさ、年を越して、まだまだ続きます。近いうちに、12月15日以降のことを、また、だらだらとぐたぐたと愚痴を交えて、書いていきます。ぜひとも読んでください。
 最近、「矢島正見わーるど」へのアクセスがめっきり少なくなりました。私が愚痴ってばかりいるからかもしれません。でも、ここで愚痴らないと、ほかで愚痴るようになるので、ご勘弁のほどお願い申し上げます。
 なお、「矢島正見の愚痴を聞く会」とか、「矢島正見を慰める会」とか、そういう会を結成する方は、ご一報ください。
posted by 矢島正見 at 02:15| 我流雑筆

「虎徹(仮称)」誕生

 2008年12月31日19時59分、「虎徹(仮称)」誕生。
 世に出て来たくなかったのか、出産予定日は28日だというのに、ちんたらちんたらして、ようやく出てきた。
 まあ、とにかく、母子ともに健康とのこと。めでたし、めでたし、である。
posted by 矢島正見 at 01:26| 我流雑筆