2008年08月31日

長男結婚

 昨日の8月30日、矢島裕樹と小熊美穂の結婚式ならびに披露宴がルポール麹町(麹町会館)にて、執り行なわれました。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年08月29日

帰国

 昨日、韓国から帰ってきました。「少年非行防止対策韓日学術交流会第2回大会」出席への旅でした。
25日からの3泊4日。この間、3日3晩の熱烈歓迎。かろうじて、急性大腸炎を防ぐことが出来ました。
まもなく9月。やるべきことを全くやってない。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年08月22日

部会長再就任

 神奈川県児童福祉審議会社会環境部会部会長再就任。
ここまでは、事前に要請があったことなので、問題なし。
しかし、5つの部会があるのだが、この社会環境部会が最も忙しい。委員に言わせると「もっとも熱い部会」。問題は山とある。
今年度、@「デート喫茶」に決着をつける。Aさらに、インターネット問題の基本課題を定める。
来年度、Bインターネット問題の具体的展開を図り、方針を定める。C5年に一度の青少年条例の全面的見直しをおこなう。
このCは、部会長に就任してから、打ち明けられた。
そりゃないよ。さらに「熱い部会」にならざるをえない。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年08月21日

還暦祝い・第2弾

 昨日、中大の大学院を出た、私が指導していた人たちが集まって、私の還暦祝いをしてくれた。女房と共にお呼ばれし、楽しいひと時を過ごした。
記念品として、江戸切子のグラスがプレゼントされた。紫色のグラスにぶどうの模様が描かれた、実に品のいい逸品である。
ワイン、ビール、日本酒、焼酎、ウイスキー、全て飲むのに適している形・大きさであった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年08月19日

60歳なのだー

 本日は私の誕生日。とうとう60歳になってしまった。
生まれてから60年。横浜から千葉に越してから48年。中央大学に入学してから42年。結婚してから38年。長男が生まれてから36年で、二男が生まれてから31年。大正大学の専任講師になってから28年。中央大学に移ってから18年。大腸癌の手術をしてから6年半。
どうにかこうにか生きてきた。だらだらあくせく、でれでれそわそわしつつ、生きてきた。
いいかげん疲れたが、まだ10年はちんたらちんたらあくせくしなくてはならないだろう。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年08月17日

お盆

 本日(既に12時を回っているので、正確には昨日)は盆の日。親戚の者が集まった。11歳から84歳。飲んで食べて、昔話に花が咲いた。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

夏期集中講義→夏風邪E

 コッコ亭の亭主、若いと思ったら、21歳になる娘さんがいるという。そのお嬢さん、店に来ていた。
愛知大学の4年生、剣道3段、164センチ、小池栄子似の美人である。
私の120番目の愛人にした。薬を買ってきてくれたので50番目に昇格した。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年08月15日

還暦祝い

 昨日は子どもたちと友人で私の還暦祝い。
スタジオで記念写真を撮り、食事会。
プレゼントは、赤いパジャマ、赤いパンツ、赤い手拭、財布、20年物の紹興酒、そして赤鞘の摸擬刀。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年08月14日

社会問題

 社会問題の試験の採点がようやく終わった。いくらか辛くした。
Aが10%、Bが26%、Cが33%、Dが16%(以上合格)、Eが7%、Fが8%となった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年08月13日

夏期集中講義→夏風邪D

 ようやく下痢が止まった。昨日から仕事を始めだした。大幅に予定が遅れている。
『青少年問題』秋季号の原稿は読み終わった。2つほど報告書を読んだ。しかし、まだ、社会問題の採点が終わっていない。これが終わらないと、論文執筆、調査分析に入れない。もうとっくに入っているはずなのに。今日中に採点を終わらす。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年08月12日

夏期集中講義→夏風邪C

 初めは、食べ過ぎ・呑み過ぎによる下痢と思っていた。
コッコ亭で胃薬と正露丸を買ってきてもらい呑んだ。しかし、新幹線の中でも一向に良くならない。
昨日呑んだヨーグルトか、とも思った。飲みかけのヨーグルトを冷蔵庫に入れるのを忘れて外出し、帰って来てから、それを呑んだからだ。
家に帰る途中、ふらふらと歩きながら、熱のあることに気づいた。帰宅後測ってみたら39度3分。その時点で、下痢を伴う夏風邪と思った。そこで、このタイトルもそうした。
しかし、今は、非感染性の急性大腸炎と思っている。ひと月前の熱と下痢も今は急性大腸炎と思っている。
原因はズバリ、<疲れ・夏バテ+暴飲・暴食>である。ひと月前もそうであった。
これから韓国に行き、ゼミ合宿がある。要注意である。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年08月11日

夏期集中講義→夏風邪B

 3日、豊橋の愛知大学へ。資料の印刷をするため、ホテルによらず、直接大学に直行。ところが、当日は日曜日。大学は予備校の模擬試験の真っ最中。仕方なく、ホテルに行く。
汗びっしょり。とりあえず、風呂に入る。そして、明日からの講義の準備。資料を読み、テキストの序章・第1章・第2章を読む。
7時、「コッコ亭」へ。しかし、本日は休み。そこで「謝謝」へ。
ここの店の女の子、昨年来たときには逢えなかったので、2年ぶりだというのに、私のことを憶えていてくれた。
よほどの記憶力の持ち主か、私が目立つのか、はたまた私に対して特別の感情を抱いていたか。
早めにホテルに帰り、ホテルでちびりとウイスキーを飲み、その日は就寝。
翌4日、6時起床。朝早く大学に行き、資料の印刷。そして、1・2・3・4時限と講義。
5時にホテル着。汗びっしょり。風呂に入り、明日の講義準備。第3章・第4章・第5章を読む。
7時半準備終了。ホテルを出てコッコ亭へ。本日は開店していた。
マスターは憶えていてくれ、しかも、「お孫さんはどうでしたか。男の子さんでしたか、女の子さんでしたか」と、よく憶えている。大した記憶力。
コッコ亭を出て謝謝へ。しかし今度は謝謝が休み。そこで、以前行ったカラオケへ。豊橋なのに「湘南」という変な店だが、カラオケはあったものの、店の名前も経営者も変わっていた。そこで数曲歌って、ホテルへ。
翌5日、1・2・3・4時限と講義し、5時にホテル着。やはり汗びっしょり。風呂に入り、その日は、愛知大学の先生方のご招待。毎年毎年ありがたいことである。
高級料亭といったところで呑んで、帰りにコッコ亭に寄って、ほんの少し呑んで、就寝。
6日、1・2・3・4時限と講義。5時にホテル、風呂に入り、講義準備。7時半にコッコ亭そしてその後謝謝。謝謝で四川麻婆豆腐をたのんだが、その辛いこと辛いこと。つまみとしては辛すぎるのでライスを注文。食いすぎ。
その日の夜中から下痢が始まる。1時間に1回のペースでトイレへ。睡眠不足。
翌7日、1・2時限は講義。何とか時間中にトイレに行かないで頑張れた。
3時限は試験。試験中たまらなくなってトイレへ。ただし、カンニングできるような問題ではないので、監督不在でも問題なし。
試験終了後、しばらく講師室にて休憩。その後、採点。採点して、総合評価をつけて、滑り込みセーフで事務室に成績表を提出。
ようやく終了。帰途に着く。帰りにコッコ亭に寄る。具合が悪いので、ほとんど酒は呑まず、生キャベツと冷奴と玉ねぎの串焼きで夕食とする。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年08月10日

夏期集中講義→夏風邪A

 昨日も水分の補給のみ。
昼に50ccほどのヨーグルトを、夜食に茶碗3分の1ほどのお粥を食べただけ。
それでも下痢便は出るのだからすごい。みな、胃・小腸・大腸等からの分泌物だ。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年08月09日

夏期集中講義→夏風邪@

 夏風邪を引いた。およそ一月前の7月2日に夏風邪を引いた。それとほぼ同じである。
7日、帰りの新幹線の中で2度トイレに行き、東神奈川駅でトイレに行き、ようやく我が家にたどり着いてトイレに行き、熱を測ったら39度3分。さっと風呂に入り、下着を着替え、氷枕をして、すぐに床に就く。
翌8日、熱は38度台から37度台へ。下痢は相変わらず。朝、昼と何も食べず、夜はお粥、ヨーグルト、ピーチゼリー。
ところが、夜中12時過ぎから下痢がひどくなり出した。およそ15分おき。トイレに10分ほどうずくまり、出て5分でまたトイレの繰り返しが12時から3時まで続いた。
そして3時から4時過ぎまでは、ずっとトイレの中にいた。
4時過ぎから現在(9日15時50分)までは、およそ1時間に1回のペースである。熱は37度。
体重は63キロから58キロまで、5キロ減った。
水分のみ補給で、何も食べられない。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年08月02日

花火

 とうとう8月になりました。まだ、採点が続いています。
昨日、横浜の花火大会に行ってきました。四年ぶりです。
みなと未来の対岸の特等席(すぐ目の前が海)から、対岸のビル群の夜景を見ているだけでも「100万ドル以上の夜景」。
それをバックとしての花火は考えられないくらいの素晴らしさです。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆