2008年07月31日

社会学基礎演習(1-A)

 社会学基礎演習(1-A)のレポートの採点終了。
この科目は1年生の演習であり、まだまだ高校生に毛の生えただけの学生であるが、4月から比べると、格段の成長である。
それなりに、論理的に文章が書けるようになってきた。これからが期待できる。
まだ、頭が柔らかいので、今のうちに、鍛えておくのがいい。
中大文学部社会学の学生は、潜在的能力を秘めている。
ただし、原稿の書き方が分かっていない。皆、ケータイの書き方になっている。毎年、この傾向が顕著になってきている。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年07月30日

漢想

 面白い漢字を見つけてしまった。

「木」が3つで「森」、「口」が3つで「品」、「日」が3つで「晶」、「車」が3つで「轟」、「女」が3人で「姦」、「虫」が3匹で「蟲」。
ここまでは、皆さんご存知のことと思う。私も知っている。
ところが、「土」が3つで「垚」、「白」が3つで「s」、「田」が3つで「畾」、「舌」が3枚で「舙」、「魚」が3匹で「鱻」、「原」が3つで「厵」、「直」が3つで「矗」、「泉」が3つで「灥」、「水」が3つで「E」、「馬」が3頭で「驫」、「羊」が3匹で「羴」、「言」が3つで「譶」、「貝」が3つで「贔」、「耳」が3つで「聶」、「金」が3つで「鑫」、「鹿」が3頭で「麤」、「心」が3つで「惢」、「火」が3つで「焱」、「子」が3人で「孨」、「牛」が3頭で「犇」、「毛」が3本で「毳」、「止」が3つで「歮」、「刀」が3振りで「пv、「石」が3つで「磊」。
こんな漢字を見つけてしまった。パソコンの辞書から出てきた。『新明解漢和辞典』には載っていないので、中国の漢字のようだ。
しかし、こんな漢字があるなんて、実に面白い。(「漢想」シリーズは、これにて終了させていただきます。)
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

社会調査実習

 社会調査実習報告書の採点がようやく終わった。
今年度も「聞き取り調査」と「自分史分析」の2つの報告書を提出させた。
そして今年度も、「きつかった」「大変だった」という感想が数多く出た。大学1年間、よほどちんたらと過ごしたようだ。
このきつさで、どうも私は学生から避けられてしまうようだ。
提出者の出来は、全体的によく出来ている。と言うよりも、努力している。よって、さほど悪い評価はない。
ただし「聞き取り調査」では、目的がはっきりしない、よって、聞くことに的が絞れていない、聞くことに体系性がない、考察が単なる「解説」で終わっている。
「自分史分析」では、「楽しかった」「頑張った」という表面的な思い出の記述が見受けられた。
しかし、毎年すごいことを「自分史」で書いてくる学生がいるのだが、今年もやはりいた。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年07月27日

めがね

 数日前、メガネを踏み潰してしまった。レンズはなんともなかったが、フレームがダメになってしまった。
もう、25年ほどかけているメガネだ。そろそろ新しいめがねを買うことにする。
しかし、今メガネ無しで生活しているが、さほど不自由していない。人の顔なんてのは、ボーッと見えればそれでいいのだ。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年07月24日

よく寝た

 20日、京都にて、日本社会病理学会学術奨励賞選考委員会。
21日、「横浜会」開催。呑んで呑んで呑んで、翌日は完全な二日酔。
22日、中大、引越し完了。
23日、財団法人青少年問題研究会全体会議。
24日、よく寝た。体調良好。本日は何もなし。女房は梅干干し。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

(財)青少年問題研究会

 財団法人青少年問題研究会のホームページがリニューアルされました。
実にシンプルで、実に見やすくなりました。
また、「青問雑想」では、私の徒然なる雑感が書かれております。もしよろしければ、そちらもご一読ください。
さらに、少年非行や青少年問題にご興味のある方は、この際、雑誌をご予約ください。
そして、少年の育成や補導に関る方は、『手帳』の携帯を警察に自治体にご要望ください。
以上、コマーシャルでした。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年07月23日

引越し始まる

 中央大学文学部の引越しが開始された。この一週間のうちに私の研究室にあるものは全て、どこかに移されて、工事が終わるまで保管される。
ということは、研究室が使えないというだけでなく、書籍も資料もデータも使えない。
「この夏は研究するな」という大学の指示と思えば、まことに嬉しい限りだが、そうも言っていられないところが悲劇。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年07月22日

書き込み900回

 書き込み900回達成です。よくぞここまで、くだらないことを、だらだらと書いて来れたものです。塵も積もれば、ということでしょう。
こうなれば当然、次の目標は、念願の1000回達成です。その際には、自分自身に粗品を進呈しようと思います。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年07月19日

漢想

 人偏に「左」で「佐」。人偏に「右」で「佑」。人偏に「中」で「仲」。しかし、人偏に「上」はない。また、人偏に「下」もない。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年07月14日

忙しさ再発

 徐々に忙しくなってきた。本日は警察幹部への講義。数日後は少年警察ボランティアの方々への講演。
日本社会病理学会学会賞選考論文の査読。社会調査実習のレポート(全部でおよそ250万字)の採点。試験の採点。非常勤講師集中講義。韓国大会出席。そして論文2本、調査報告1本。
しんどくなりそうである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年07月11日

夏風邪・その後

 ようやく熱も下がり、下痢も治まり、体調が回復した。
63キロあった体重が一時59キロまで減ったが、それも61キロまで回復した。今日中に、62キロになるのではないだろうか。
これから夏休みまでの間、やたら飲み会が続く。腹をこわさないように、要注意である。
ところで、実母の50回忌の時、足の指で椅子を蹴ってしまい、痛い思いをしながらお経を聞いていたのだが、家に帰ってみてみると、左足の中指が紫色に変色していた。この変色も、ようやく薄らいだ。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年07月08日

大変だー

 自宅のパソコンから『矢島正見わーるど』の「お問い合わせ一覧」に書き込んで送ってみた。
ところが、大学の研究室のパソコンに届いていない。念のため再度送ってみたが、やはり届いていない。
ということは、14万回も13万回も12万回も、ヒットした人が、「お問い合わせ一覧」にて、書き込んでいたとしても、届いていない、ということになる。機能していなかったのである。
「ちきしょう。ヒットしたと送ったのに、何の応答もなく、「今回は申し出がありませんでした。残念です』などど、ぬけぬけと書きやがって、汚ねー」なんて、思われてしまっているかもしれない。
全く今まで気づかなかった。実に申し訳ないことをしてしまった。
ここに私のメルアドを表記すればよいのだが、そうもいかない。そこで、大学の住所を書かせていただく。
〒192−0393
東京都八王子市東中野742−1
中央大学文学部社会学専攻
矢島正見以上。
たかが粗品ごときで、めんどくさい、とお思いでしょうが、過去にさかのぼって、「私は○○回ヒットしました。」とお手紙・お葉書にてお申し出ください。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年07月07日

夏風邪・続き

 土曜日は日韓学術交流会の打ち合わせと少年法研究会に出席。いつもなら研究会終了後、皆と食事に行くのだが、それを辞退して帰宅。やはり微熱と下痢。特に下痢が激しい。
寝る前に足の裏をマッサージ。そうしたら途端に腹の調子がよくなってきた。さらに中山式快癒器。腹がゴロゴロ・グーグーと鳴る。
翌、日曜日。温度は36度4分、平熱である。腹の調子も良い。下痢ではない。
その日は、実母の50回忌。大仙寺にて法要が営まれた。
その後、我が家にて宴会。総勢17名。一番若いのが10ヶ月、最長が84歳。和気あいあいで、呑んで、食べて、少しやりすぎ。
その夜は37度3分で下痢復活。足裏マッサージと中山式快癒器をやって、早めに寝る。
本日、ただ今10時半。熱は36度7分。いくらか高い。腹の調子は良さそうだ。数日は自重が必要。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年07月04日

夏風邪

 2日は朝から下痢ピーだった。前日は夜遅くまで呑んでいたので、呑みすぎ・食べすぎで胃腸がやられた、と思った。
夜になっても下痢ピーは収まらなかった。そしてその夜、風呂に入ったら寒気が急に襲ってきた。
風呂の湯船の中でガタガタ震えた。お湯の温度を40度から42度に変更して、湯船の中でじっとしていた。そのおかげでようやく寒気はなくなったものの、体の心まで温まったという感じではなかった。
しかし、とにかく急いで風呂を出て、ベッドに潜り込んだ。その際、38度5分であった。
夜中、今度は汗をかきだした。下着からパジャマまで汗びっしょりとなり、夜中、下着とパジャマ全取替えをした。
朝、下痢・熱があったが大学へ。そして本日、やはり下痢・熱があったが大学へ。
現在、未だに下痢と熱が続く。熱は37度代前半である。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年07月02日

漢想

 「せい」という音の漢字にはいい漢字が多い。
「聖・生・性・正・精・静・清・晴・誠・勢・盛・成・制・製・青・星・姓・政・斉・誓・征・醒・世・靖・整・声・牲」とある(ちなみに、講談社の『日本語大辞典』では71の「せい」の漢字がある)。
このなかでも10選ぶとすれば私は「聖・生・性・正・精・静・清・誠・勢・成」を選ぶ。皆さんはどうでしょうか。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆