2008年06月09日

ミス・ミス・ミス・ミス

 『犯罪不安感調査報告書』の間違いの総点検をおこなった。間違った箇所の続出である。
調査データそのものから表を作成するのではなく、印字されたものを見ながら、表を作成することの欠陥が、今回ほど露骨に出てしまったのは始めてである。
あわてて書き、書き終わったのが原稿締め切りを過ぎていたので、そのまま送ってしまった。いつもなら、再度見直すのだが。
また、送付後も、4月からの講義の準備に入り、再度の見直しをしなかった。それがいけなかった。
論文の場合には校正があるのだが、報告書にはそれがない。即、印刷・製本である。そこで、大量の訂正箇所が出てしまったという次第である。
深く深く反省。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆