2008年03月31日

花冷え

 昨日、本日と花冷え。寒いですねー。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年03月25日

卒業式

 本日は卒業式。これが終わると、「終わった」という感じになる。とにかく、無事学生を送り出すことが出来た。
私だけ留まり、また新しい学生を迎える。教師という職業はこの繰り返しである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年03月24日

漢想

 「占」という字も不思議だ。「占う」となり、「占める」となる。「うらなう」ことと「ひとりじめ」することでは、全く意味が違う。にもかかわらず「占」という同じ漢字を用いる。何故なのだろう。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

 まだ首が痛い。首が回らない。寝違いの後遺症はまだまだ続いている。
枕を幾分低くしてみた。「頭にフィットする枕」「理想の枕」「あなたは枕選びを間違っていませんか」等々、よく聞くが、これら全て、仰向けに寝た場合を想定している。
私の場合は、おそらく、仰向けは眠っている間の2割。左横向き・右横向きが5割。うつ伏せが3割といった程度だろう。
うつ伏せでは低い枕のほうがいい。横向きでは高い枕のほうがいい。今まで、横向き用の高さにしていた。昨日から、やや低めにした。さて、どのような結果になるか。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年03月20日

2泊3日で

 2泊3日で、爺さん5人で、尾道−因島−大三島へ行ってきた。
途中、いろいろと川柳をつくった。実にばかばかしいので、お披露目したい。「歩いても
なお歩いても
坂ばかり」「寺と寺
重なり合って
坂登る」「十六の
芙美子は意外と
美人なり」「小説の
書けない芙美子
今も居り」「狭い海
ひっきりなしの
渡し舟」「瀬戸の海
島島島島
たまに海」「島入ると
深い山あり
因島」「福山も
ばあさんやはり
ずうずうしい」
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

寒い・痛い

 今日は実に寒い。床暖房を入れた。これでは、しばらくの間股引は外せないであろう。
寝違いでの首と肩がまだ痛い。このまま五十肩(いや、もう六十肩か)になり、慢性化してしまうかもしれない。少なくとも、しばらくは痛みが続くであろう。
夜寝ると、痛みで頭を枕から上げられない状態になる。手を添えて、そっと頭を上げている。いやはや、もはや正真正銘の爺である。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年03月16日

漢想

 思うに「面白い」という字もおもしろい。何で面が白いと「おもしろい」のか。言語学者・国語学者に聞けば、納得のいく回答が得られるのだろうか。
「顔面蒼白」などは、大変なピンチに陥ったときであって、決して面白いわけない。
不思議である。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年03月15日

寝違い・続

 まだ首が回らない。肩が痛い。今日は起きるときに、枕から頭が上がらなかった。
マンキンタンを塗った。トクホンを貼った。ピップエレキバンも貼った。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年03月14日

寝違い

 今日はよく寝た。雨の日は何故かよく眠れる。しかし、寝違いを起こしてしまった。首が回らない。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

漢想

 「狂」という字は面白い。獣偏に王と書く。何で「くるうこと」が「王」なんだろう。不思議だ。百獣の王ライオンみたいである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年03月12日

これからやること

 今日は実にのんびりとした。1年ぶりで歯科の検診を受けた。治療しなくてはならない歯がみつかった。しばらくは歯医者通いである。
癌検診の日程も決めた。肺に影があると言われたのが昨年の10月。以来、そのままにしておいたが、ようやく検査する運びになった。これもみな、仕事が一段落したからである。
これからすることは、まずは財団助成報告書の作成、そして新年度からの講義の準備、学会季刊誌の書評、こんなところである。これらを3月末までに仕上げればよい。
その後は、学長専門員としての提言、雑論1つ。これらは夏休み前までだ。
夏休みは、調査報告書の作成と学会報告の準備と、雑論1つとなるだろう。もちろん、集中講義、日韓学術交流会、ゼミ合宿、等々とあるが。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年03月11日

東京大空襲

 昭和20年3月10日は東京大空襲である。
本日、東京大空襲のテレビがあった。裏番組で「ビルマの竪琴」をやっていたが、こちらを観た。
ドラマも良かったが、実録の部分が実に良かった。じっくりと観させていただいた。
これも報告書の執筆が昨日で終わったからだ。タイミングが良かった。
ただ、途中に入るコマーシャルが実に違和感を起こさせた。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年03月10日

終了

 現在3月10日午前4時10分。
犯罪不安感調査報告書、第U部第4章・第5章・第6章の執筆終了。
終わったーー。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年03月05日

なくした・あった

 財布をなくした。月曜日の夜。東京駅丸の内。タクシーを降りて気づいた。タクシー会社に電話を入れたが、ないと言う。路上を探してもない。
身分証も保険証も銀行のカードもクレジットカードも入っている。現金は4万円。
急いで、銀行のカード使用停止、クレジットカードの使用停止、警察への届出と済ませた。これで一応安心。
本日、丸の内署から大学に電話があった。大学から私のところに電話があった。丸の内署に電話した。財布を保管しているという。
早速、丸の内署に出かけた。財布が戻ってきた。紛失したものは何もなし。
拾って届けてくれた人に電話を入れた。お礼を言って、現金書留で謝礼金を送った。
ただし、未だに銀行のカードとクレジットカードは停止されたままで、使えない。忙しくて、そこまでやってられない。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年03月01日

3月

 とうとう3月になってしまった。
調査報告書の作成は、第U部第5章、第6章がほぼ終了。最大の第4章に入った。ただし、締め切りは3日、絶望。
第V部の第5章は、削除せざるを得ないかもしれない。まあ、必ずしも必要な章ではないので、そうなる可能性大。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆