2008年02月22日

作家志望

 高校時代、作家志望だった。文才がないとあきらめて、研究者になった。
定年後は、作家を目指そうかな、なんて思う。もちろん、エロ作家である。
高校時代、仲間うちで、あの場面を書きあって、誰のが一番勃起するかと競い合った。私のは最低だった。誰も興奮しないという。
そりゃそうだ。70の爺さんが、70の婆さんの股をなめるというのだから、誰も興奮するはずがない。
しかし、そのころから、誰も描かないエロを私は描いていたことになる。まともなエロは描かない。「アブノーマルなエロ」なんて、中途半端ないい加減なのも描かない。10年後のご期待を!!!!。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年02月21日

 めっきり春らしくなってきた。日差しが明るくなり、柔らか味を増してきた。そして、随分と日が長くなった。
もうすぐ春である。私の大好きな春である。女の子が薄着になり、ピチピチになる春である。
しかし、その春も、調査報告書を作らない限り、私にはやってこない。ご赦免船はまだまだ遠い。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年02月20日

ネット小説

 今、ネット小説なるものが大流行しているようだ。本屋にも、ネット小説の文庫本が山積みされている。
立ち読みで、ぺらぺらと読んでみたのだが、実にお粗末。内容だけでなく、文章表現がひどい。エロ小説の書き手のほうがまだしっかりしている。
書き手はおそらく女子高校生か女子大生だろう。そして読み手はおそらく女子中学生か女子高校生だろう。もし、大学生で読んでいたら、かなり幼稚だ。
あんなのなら、私でも書けるだろう。もちろん、内容は全く異なる。そして読者層も異なる。「エロおやじ奮闘記」なんて感じだ。ただし、文章表現のひどさでは、ほぼ互角であろう。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年02月18日

多忙中間報告D入試終了

 入試の試験監督ならびに採点が終了した。まだ雑務はあるものの、随分と楽になった。
そしてようやく、調査報告書の作成である。これを終わらせない限り春は来ない。3月早々に提出締め切りなのだが、現時点で既に、とうてい間に合わない。なんてこった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

鼻水

 朝起きると、右の鼻の中に、直径5ミリほどの薄いかさぶたのような鼻糞のようなものがへばりついている。今年の正月頃からのことである。
指を突っ込んで取ろうとしてもなかなか取れない。そこで、鼻を激しく何度かかむと、勢いよく飛び出してくる。
ここまでは、さほど問題はないのだが、そうすると、空気を吸うたびに、右の鼻の粘膜が敏感に反応し、その結果、鼻水が出てくる。およそ1時間ほど、何度も鼻をかみ、ようやく収まる。
そして、翌日起きると、かさぶたのようなものが出来ていて、よせばいいのに、どうにも気になって、また出してしまうのだ。
そんなことが、もう40日ほど続いている。今、起きたてで、かさぶたを勢いよく出したばかりなので、これを打ちながら、鼻をかんでいる。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年02月14日

バレンタインチョコ

 今年は実に豊作であった。現時点で7人からチョコが届いた。
全て「ギリチョコ」ではあるが、「ギリ」と言えどもランクはある。「仕方なく」のギリから「愛ほどではない」のギリまで、様々である。
もっとも、チョコの味には変わりはない。ギリであろうとアイであろうと、うまければそれでよい。そして、けっこうみんなうまかった、うまそうだ。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年02月10日

入試

 NHK杯早指し将棋も大詰めに差し掛かりました。
寒い日が続きます。昨日は雪が降りました。今日は陽が出ていますが、やはり寒いです。
今日から中央大学で入試が始まりました。私の試験監督の時に雪にならないように祈ります。
まだまだ雑務・雑用が続きます。呑み会も続きます。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2008年02月03日

 雪である。朝から静かに降っている。雪の日は本当に静かだ。
床暖房の部屋からガラス越しに庭に降り積もる雪を眺める。実に贅沢である。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

新ゼミ3年生

 矢島新ゼミ3年生が決まった。
ゼミ3年生は、女子13名、男子2名の計15名。「ウハウハゼミ」の復活である。
なお、4年生は、女子5名、男子4名の計9名。全体では、女子18名、男子6名、総計24名である。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆