2007年10月31日

三叉神経痛+風邪

 三叉神経痛はまだまだ痛い。にもかかわらず、風邪をひいてしまった。
昨日の朝から喉が痛み出し、夜に微熱が出て(31日19時現在、37度)、本日の午後から鼻水が出てきた。「泣きっ面に蜂」である。
こういう日はゆっくり休んでいるのが一番なのだが、昨日は、「『青少年問題』の50年」(その37)と(その38)の完成原稿を送付し、大学院外国人留学生入試提出論文審査報告書(3人分)を書き、本日は神奈川県児童福祉審議会社会環境部会に出かけて行った。
社会環境部会長で、しかも、長い間かけて審議してきた事案の最終決着の日。どうしても出かけなくてはならない。だから、出かけて行った。そして、風邪も三叉神経痛も悪化した。
これから昇進人事選考委員会の査読をして、警察庁の調査票案を検討しなくてはならない。さて、どうなることやら。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年10月29日

100均パンツ

 本日、久しぶりに100円均一ショップに出かけた。そして、100均パンツを3枚買った。十分履けるどころか、なかなかの代物である。一年は履けるだろう。
女の子も「ショーブパンツ」なんて高価な代物など買わないで、100均パンティで十分である。
買わなかったが、女子のパンティも売っていて、見た目も良かったし、また触ってみても良かった(もちろん、隣には女房がいた)。お勧めである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年10月28日

等価交換?!

 昨日はひどい雨の中を少年法研究会へ。おかげで背広はびちょびちょ、下着もびちょびちょ、靴の中もびちょびちょ、そして傘は骨が2本折れてしまった。
帰りの電車の中、座席に座ったら、横に傘がある。私のよりも明らかに安物の傘。ただし、骨は折れてないようだ、しかも私好みのシンプルなやつ。
降りるときに、その傘と交換した。等価交換である(あるだろう、あると思われる、あって欲しい、あるに決まっている)。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年10月27日

続々続・三叉神経痛

 もちろん、まだ痛い。
ネットで検索したところ、あまりの痛さに自殺した人がいるとのこと。まさか、と思う。歯が痛いので、間違えて、昔はよく歯を抜いてしまったとのこと。さもありなん、と思う。目が痛いので、目をくりぬいてしまった、という記事はなかった。
とにかく、暖めている。そして、なるたけ目を使わないようにとは思うのだが、これはなかなか。
爽やかな自然の景色か、ウハウハのカワイコちゃんを見ているのが一番なのかもしれない。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年10月25日

続々・三叉神経痛

 蓄膿症を手術したのは今からおよそ30年前のこと。その直後からほぼ2年間は、この三叉神経痛に悩まされた。一日たりとも痛くなかった日はない。あるのは痛い日と激しく痛い日だけ。
耳鼻科に行ったが、らちがあかない。目の奥が痛いので眼科に行ったが原因不明。歯が痛いので歯科にもいったが、やはりだめ。判明したのは、日本社会学会中国訪中団で中国に行き、鍼をやってもらったときのこと。今から29年前頃だ。
3年目頃からようやく痛みが和らぎだし、その後は、痛んだり痛まなかったりという日が続き、次第に痛まない日が多くなり、万年頭痛・肩こりも解消されていった。
ここ10年ほどは、年に数回痛む時期が来るという程度である。それもごく軽い痛みだ。
記憶では、一年半ほど前にそれなりの痛みが3週間ほど続いた。
しかし、今回のこのような痛みは、十年来なかったほどのものだ。かなり激しい。90分の講義がつらい。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年10月23日

続・三叉神経痛

 第一枝の神経痛では額と目が痛くなり、第二枝の神経痛では上あごや上の歯や頬が痛くなり、第三枝の神経痛は下あごや下の歯が痛くなるという。私は第一枝・第二枝の神経痛だ。ただし、首筋から肩、背中にかけて、こりこりにこっている。
三叉神経痛には、一瞬的に激痛が走るものと痛さが持続的なものの二通りがあるという。私のは後者だ。
原因の一つは慢性副鼻腔炎(蓄膿症)だという。その通り。私の場合は、蓄膿症の手術の後遺症として出てきた。
鍼灸がよく効くという。これも体験的に当たっている。さらに、暖めると良いという。これも当たり。
左側に出たり、右に出たり、両方に出たりするという。私の場合は、決まって左側だ。
今日は左の上の歯が痛くて、右側で食事をかんで食べた。バファリンもあまり効かない。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年10月22日

日本犯罪社会学会大会

 19、20、21日と、日本犯罪社会学会の大会に行って来た。今年は京都深草・龍谷大学にて行われた。
監事ならびに編集委員という閑職だし、学会報告もなかったので、今回は随分と報告を聞くことができた。質問も、2、3した。
しかし、最近はパワーポイント使用の報告が実に多くなった。あれは、眠くなるし、真剣に見ていると、メガネが合わないためか、実に目が疲れる。
そのせいか、治まりかけてきた三叉神経痛が昨日の夕方から悪化してしまった。
今、顔の左半分にベタベタとピップエレキバンを貼っている。
なお、ここでも季刊誌『青少年問題』を販売した。売上はほぼ5万。大したものである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年10月16日

金井金

 昔は、女の名前では、もっと多かったと思える。
「金井金」「梅田梅」「竹山竹」「松下松」「亀井亀」「鶴田鶴」「里山里」「幸山幸」「菊池菊」「福島福」「清田清」等々。
思うに、女の一字の名前が消えたそのほとんどは、ひらがなで二字だ。「まつ」「たけ」「うめ」「きく」「きん」「ぎん」「つる」「かめ」「ふく」「きよ」「さと」「とき」「よし」「さち」等々。
そして、ひらがなで三字の場合は、比較的多く残っているのではないだろうか。「桜(さくら)」「香(かおり)(かおる)」「静(しずか)」等。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年10月15日

武藤武

 「武藤武」という名前に出会った。「山本山」ではないが、ひっくり返しても同じ氏名になる。こういうのは、ほかにないものか。
「久山久」「守山守」「達川達」「竜崎竜」「愛川愛」「香川香」「桜井桜」といったところか。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年10月14日

完了

 終わりました。「デュルケムにみる社会病理学的想像力−「社会病理学」論・覚え書きC−」。
ライト・ミルズを真似て、すごいタイトルにしてしまった。中身は「ラ」の字もないというのに。
ついでに、石川先生の退職記念論文集の随筆「石川晃弘という巨人」も、たった今完了。
後は、社会安全研究財団の調査と警察庁少年課の調査を残すのみ。
もちろん、もろもろの用事は山ほどあるが。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年10月09日

『「懲役」と「担当さん」の365日』

 またまた面白い本を読んでしまった。本当は、もう締め切りがすぎている論文を仕上げなくてはいけないのに、読んでしまったのだ。
小澤禧一著『「懲役」と「担当さん」の365日−刑務所心理職員の見た異次元世界−』(文芸社、1400+税)である。
以前この「我流雑筆」にて、面白いホームページがあると紹介したことがあるが、そのホームページが基になって出来た本である。
本のカバーに「一気に読み切れる
刑務所丸かじりの本」と書かれているが、まさにその通り。
送られてきた5日の日に少し読み、6日は往復の電車の中で読み、そして昨日、一気に読んでしまった。お勧めの本である。
なお、『青少年問題』2008年新年号には、小澤先生に刑務所のことを書いていただいている。これもまた必読である。
送料込みで500円、実に安いものである。年間購読では、送料込みで2000円、今すぐ申し込もう。
(ところで、カバーの文言を書いたのは私。)
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年10月07日

三叉神経痛

 二年ぶりほどで、また三叉神経痛が出てしまった。
左の側頭部、左のこめかみ、左のあご、左の目の下、左の首筋、左の肩が痛む。今も痛い。ひどくなると、左目がチカチカして、目の奥が痛み出し、涙が出てくる。
これが出ると、三週間は直らない。昼間は我慢して、寝るときはバファリンを飲んで寝ている。
比較的よく出るのは5月と梅雨時。季節の変わり目だ。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年10月05日

矢島より矢島へ

 日本社会病理学会大会でのこと。学会の「出版奨励賞」の授与式が行われた。
で、私が授与し受賞した。
賞状の文面は、「賞状
矢島正見殿
あなたは〜〜本学会の出版奨励賞を贈呈致します
平成19年9月29日
日本社会病理学会
会長
矢島正見」である。
要するに、私が私に与えたわけである。こういうことは珍しいのではないだろうか。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年10月01日

終わりました

 9月29日・30日と、東京女学館大学にて、日本社会病理学会第23回大会が開かれました。
これをもちまして、私の4年半に渡る会長職も終わりました。バンザーイです。
なお、今後3年間監事ですが、日本犯罪社会学会でも現在監事でして、これはもう実に楽なものです。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆