2007年09月28日

雲間の月

 昨日は中秋の名月であった。雲間から3度見た。一度は大学のキャンパスで、2度目は我が家の前で、三度目はウッドデッキで。
三度とも、雲のわずかな切れ目から姿を現わした月だった。雲間の月てのはいいね。芸術だ。
「月々に
月見る月は
多けれど
月見る月は
この月の月」。
ついでに、蛇足ながら。「処々処々に
処女見る処々は
多けれど
処女見る処々は
この処々の処女」。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆