2007年07月10日

クリームサワーチーズ

 5年以上も前のこと。癌で腹を切った直後、「カスピ海ヨーグルト」なるものをいただいた。
以来、それを飲み、一部を他の容器に入れて牛乳を注ぎ、ヨーグルトを作り、またそれを飲む、ということを繰り返してきた。
ところが先日、長い間ヨーグルトを放置しておいたせいか(冬で3日、夏で1日おいておけば、ヨーグルトとなる)、味がおかしくなってしまった。チーズ味なのだ。
そこで、それを別の容器に移し替えて、周りをキッチンペーパーで囲い込み、重石を置いて、冷蔵庫に保管していたところ、それが実に美味なるクリームサワーチーズとなった。いま、それを味わっている。
なお、カスピ海ヨーグルトは、味が更にまろやかとなり、今では「横浜矢島ヨーグルト」という新種になっている。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆