2007年06月26日

『グロテスク』

 桐野夏生『グロテスク』(上下)読了。
6月一杯でやらなければならないことが2つほどあるのだが、それをやらずにこの本を読んでしまった。まるまる2日かかった。
不快な本だが、読ませる本だ。このような内容の本は、決して男には書けないだろう。
グロテスクな女が4人登場する。そして、まともな人間は脇役を入れて、誰一人として登場してこない。
もっとも、一番グロテスクなのは、この本を書いた作者であろう。この人の本を読むのはいいが、決して個人的には付き合いたいと思わない作家だ、太宰治同様に。
なお、解説は文芸評論家という肩書きの女性であるが、これはチンケだ。もっとグロテスクに解説すればいいものを。この人が一番マトモである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆