2007年03月30日

2泊3日

 2泊3日で旅行してきた。女房孝行である。この春休み唯一の休暇である。
姫路城を観て有馬に一泊。大阪城、石山寺を観て雄琴に一泊。湖西線を北上し琵琶湖を右手に観て、余呉湖へ。湖をレンタサイクルで一周し、琵琶湖を南下、渡岸寺にて十一面観音を拝観、彦根城を観て、帰路に着く。
姫路城を観るのは二回目だが、やはりいい。彦根城は期待外れ。石山寺は思った通りたいしたことない。十一面観音像は良かった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年03月26日

卒業式

 昨日は中央大学の卒業式。そのあとの卒業証書授与式にて、初めて「中大節(中大神田節)」を歌った。
私が中大の教員になって16回目の授与式であるが、初めてのことである。
石川先生の定年間際ということで、彼が復活させたわけである。これを歌える学生は、現在ではほとんどいないが、学生の受けはなかなか良かった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年03月21日

春分の日

 本日は昼と夜の長さが同じ。日が長くなることは嬉しい。出来れば白夜であって欲しいほどだ。これからは日に日に私の好きな季節になる。
ただし、冬の日、家の中に日差しが入ってくるのは好きだ。それが春になると入って来なくなる。これは寂しい。
いま少し暖かくなったら、ウッドデッキに出て、日向ぼっこをすることにする。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年03月20日

大腸内視鏡検査

 昨日は、飲みすぎてやや二日酔い。にもかかわらず、本日は朝から大腸内視鏡検査。
いつも通り、前日の夜、下剤を飲み、夜中じゅうトイレ通い。朝は、二日酔いと睡眠不足で頭はもうろう、胃はむかむか、体はふらふら。
血液検査では、最悪の数値になることであろう。それまで、酒を飲まず、肉と油を控えていたというのに。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年03月15日

風邪

 風邪を引いてしまった。熱は37度前後。喉が痛い。せきが出て、鼻水が出る。
花粉症でくしゃみが出て、鼻水が出るので、ダブルパンチを食らってしまった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年03月11日

森内名人対佐藤棋聖

 今年度のNHK早指し将棋、決勝戦は森内対佐藤となった。一年間続いた最終戦は大物同士の対局。来週の日曜日が楽しみである。これで解説が谷川か羽生なら最高である。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年03月08日

終わった

 ようやく終わった。
埼玉県青少年健全育成審議会意見具申ならびに調査報告終了。あとは県知事に提出するだけ。
「『青少年問題』の50年」(その47)から(その66)まで20本の執筆終了。
そのほかに2月以降したことは、『中央社会学』執筆、『犯罪と非行』巻頭言執筆、『犯罪・非行と社会』校正、『青少年問題』原稿読みと校正、埼玉審議会議事録訂正、神奈川審議会議事録訂正、『社会病理のリアリティ』書評メモ作成、「『社会病理学』論・覚え書きC」構想メモ作成、『木戸孝允』読み、『悪書の民俗誌』読み、『男の子の脳、女の子の脳』読み、『10代の性行動〜』読み、コミック『もやしもん@ABC』読み、千葉駅前清掃作業参加、大学院会・教授会・研究室会議出席、懲戒委員会、大学院入試採点・面接、入試採点、入試監督、以上である。
これから4月10日までにすることは、4月からの授業の準備である。なかでも2つの科目の準備は大変である。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年03月05日

春の嵐

 すごい風である。生暖かい風である。まもなく春というよりは、もう既に春である。今日の嵐は、例年なら桜の花を散らす春の嵐である。
暖冬と冷夏は、個人的には大好き。そんな私でも、今年の暖冬は異常としか思えない。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

700回

 今回で「我流雑筆」執筆700回である。
2006年の5月3日が600回、2005年の8月14日が500回、2004年10月24日が400回、2003年12月24日が300回、2003年3月16日が200回、2002年7月15日が100回。
まあよく書いてきたものだ。これからもくだらないことを書いて、1000回を目指すことにしよう。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2007年03月03日

将棋界の一番長い日

 昨日の夜中「将棋界の一番長い日」をやっていた。A組戦最終日である。
結果、郷田が名人戦挑戦者となり、阿部と深浦が降格した。厳しい世界である。B1組から誰が昇格してくるのかは知らない。
碁はわからない。将棋は絶望的なヘボ、しかし見るのは好き。
棋士ほど天才的な頭脳の持ち主はないと思っている。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆