2006年02月12日

冬の中大

 冬の中大は寒い。都心より2〜3度低い。ただし、よく晴れた日の眺めは絶景である。
遠くに丹沢の峰が連なり、その一角から真っ白な富士山がそびえ立って見える。
思わず「♪富士は日本一の山♪」と歌いたくなる。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

入れ墨

 昨日の夜のこと。東神奈川駅のホームでのこと。
すれ違った女性。年の頃は25〜6。金髪、ただし、日本人もしくは東洋人。ジーンズにジャンパー姿。2月2日のこの欄に書いた、そんな姿。
しかし、今回は「超」が付く。5〜6センチの腹だし・腰だしルック。いや、もっとだったかもしれない。
振り返って見た後ろ姿。腰のあたりというか、お尻の上あたりというか。一面の幾何学模様の入れ墨。
たぶん即席・簡易入れ墨とは思うが、今、こんなのが流行っているのだろうか。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆