2005年09月10日

『池袋ウエストゲートパーク』

 今年の2月9日の毎日新聞社の座談会で石田衣良氏と話したことは、この「我流雑筆」で書いた。
そしてそのときは知らなかったが、あとで直木賞受賞者で売れっ子作家であることを知った、ということも書いた。
ある若手研究者には、「何故サインをもらって来なかったのですか。私、大ファンなのに」と、文句まで言われた。
で、いつか彼の小説を読もうと思っていたのだが、なかなか読む機会がなかった。
今回の合宿に、『池袋ウエストゲートパーク』を持参した。
行きに読んだ。なかなか面白い。ストーリーの展開が速く、しかもリズムがある。文章が短く、すっきりしている。ストーリー設定も人物も魅力的である。
いつもならほとんど読まずに帰ってくるのだが、今回は、疲れているにもかかわらず、暇を見つけては読んだ。
そして合宿から帰った頃には、ほとんど読み終わっていた。
『池袋ウエストゲートパーク』お勧め品。ぜひご一読を。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆