2005年08月13日

愛知大学「社会病理学」採点終了

 愛知大学の集中講義「社会病理学」の採点がようやく終了した。
こちらに帰ってきて、「家庭での躾」という随筆を書き、論文の校正をし、投稿論文の再査読をしたら、採点のタイミングを逸して、その後、社会調査関係の本を読み始めてしまった。本日、ようやく、「そろそろしないと」と思い、始めた。
さて、採点結果であるが、いつもどおりかなり甘い採点となり、「A」が31名、「B」が21名、「C」が21名、「F」が6名、となった。
なお、「A」のなかにもう少しで「S」という者が1名いた。また、「G」が2名いたが、おまけで「C」とした。
以上である。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆