2005年02月22日

大腸内視鏡検査+絶食

 年に一度の大腸内視鏡検査。
昨日は、19時に400tの水を飲み、21時半に400tの粉末下剤の水溶液を飲み、22時半に400tの水で錠剤の下剤を飲み、24時近くからゴロゴロピーピー、ゴロピーピー。
本日は診療所に行って、900tの下剤を飲み、およそ15分おきにトイレに直行8回。
こうして、13時40分、大腸内視鏡検査の開始。
終了後は、大腸内に入れた空気がオナラとなって、しばし、ぶーぴーぶぶーすーぶー。
まあ、どんなに若くてかわいい子でも、まったく色気のない光景である。
腹の中が、すっからかんになったついでに、半絶食をすることにした。お茶とヨーグルト、そして今晩は夕食に湯豆腐のみ。明日の夕食まで、絶食をするつもり。
1年に1度くらい、腹のなかをすっからかんにして、2〜3日絶食することを、お勧めする。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆