2004年12月29日

ぼたん雪

 外はぼたん雪。「降る」というよりは「舞い降りてくる」といった感じ。
今年の冬は、これでも冬かと思えるような暖かさだったが、ようやく「寒い!」「冬だ!」という感じになった。
それにしても、家の中にいて、窓から雪を眺めるなんて、人間は実に恵まれている。これに、「雪見酒」なんてことになったら、もう最高。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年12月24日

クリスマス・イブ

 メリー・クリスマス。
家族団らんの人も、恋人といちゃいちゃしている人も、一人でいる人も、まだ働いている人も、まあとにかく、メリー・クリスマス。
私は、本日休肝日。ショートケーキをひとつ食べました。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年12月22日

告白(55)女21・「春の目覚め」

 高校1年の春のこと。男3人で上野の西洋美術館まで、「ミロのビーナス」を見に行った。「ミロのビーナス」が日本に来たときのことだ。
朝早くから出かけていき、4時間並んで、ようやく見ることが出来たと思ったら、人ごみに押されて、10分もたたずに出されてしまった。
感想は、ただただ、「これは一体なんだったんだ!」というだけ。おまけに、二人の友達ともはぐれてしまった。
仕方ないので、一人でとぼとぼと上野駅に向かって歩いていると、ある映画の看板が目に入った。「春の目覚め」。もうタイトルだけで、その映画館に思わず入っていってしまった。
エーゲ海の小島の物語で、ストーリーは忘れてしまったが、とにかく、主人公の女の子がかわいくて、しかも、その子の全裸と乳房が、もうたまらなくかわいくて。
結局、「ミロのビーナス」より「春の目覚め」、という結論を得た一日であった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年12月19日

歳なのだ

 昨日、社会学ゼミ対抗ソフトボール大会が行われた。我が矢島ゼミは、何と最下位。数年前の、文学部ソフトボール大会準優勝が信じられないくらいの落ち込みである。
さらに私の落ち込みはひどかった。頭で分かっていても、体が動かないのだ。「球が来た!よし!」と腰をかがめたつもりが、かがんでいない。いやはや、である。
終盤になり、ようやく体が慣れた頃は、もう疲れが出てきて・・・。
まだ、体は痛くなってきていないが、これも衰えのためである。そのうち出てくるであろう。
もう歳である。ただし、腹を切ってから初めてのスポーツと言えるスポーツをした。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年12月17日

一晩に18回

 昨日の11時半に大便。その後、およそ20分おきに大便。11:30、11:50、12:10、12:30、12:50と、「今日は実によく出る」と感心していたら・・・。夜中の2時頃から、ひどい下痢便となった。
2:00、2:20、2:40、3:00、3:20、3:40、4:00、4:20、4:40、5:00、5:20、5:40、6:00と、もうたまらない。眠れない。一晩で18回。その後ようやく、収まったものの、完全な寝不足。
で、今日は眠い。(本日は、グロな話題でした。しかし、本人にとっては切実な話題です。)以上。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年12月15日

飲み月

 今日は7時から飲み会。明日は教授会終了後、文学部の忘年会。18日はゼミ対抗ソフトボール大会終了後、おそらく飲み会。20日は(財)青少年問題研究会の忘年会。23日はセクシュアリティのシンポジウム終了後、飲み会。
24日から、やっと解放される。24日に何も予定がないというのが、悲しい。青問研会の月刊誌の発送作業でも手伝うか。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年12月14日

ご無沙汰しました

 ご無沙汰しました。ようやく、大きな山を越えました。とにかく多忙でした。これから正月明けまでに論文を1本仕上げて、さらに3月末までに3つほど大きな仕事がありますが、とにかく一段落です。
今日は久しぶりの休み。といっても、2本校正をしなくてはなりません。
私は根っからの怠け者で、大学の先生になろうとしたのも、遊んで暮らしていけると思ったからですが、考えが甘かったです。
この34年間、腹を切った間を除いて、いつもいつも、せわしなく生きてきました。といって、もう一度切るつもりはありませんが。
でも、「女シリーズ」復活します。楽しみにしていてください。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年12月08日

無題

 とにかく忙しい日々を送っています。もう今日は寝ます。カワイコちゃんの夢が見れたら・・・というのがせめてもの慰め。
なお、今日は、高校2年生のぴちぴちのギャルの前で講義してきました。その子たちの夢でも見ましょうかねえ。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆