2004年10月30日

告白(53)女Rまたいでいく女

 高2の頃、高校のサークル室が出来た。校長好みのサークルがそこに入った。2階にかなり広い和室の部屋があった。ゆくゆくは茶道や生け花や校長好みの何かの会合に使う気なのだろう。
部屋ができたての頃、つまりまだ管理が厳しくなかった頃、昼休みや放課後、よくそこで昼寝をした。手枕でのごろ寝である。
そうしていると、一人の女の子が私をまたいで通っていく。気がつくと既にまたぎ終わっている。何度かやられたが、結局その子の股の中は見ることが出来なかった。実に計画的かつ巧妙な行動であった。
その子、いったい今どうしていることやら。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年10月26日

告白(52)女Q副会長と事務局長

 高校2年の7月、新生徒会が発足。会長・大野、副会長・矢島、事務局長・河村、この3名全て同じ2年J組。
秋も深まった頃のこと。私の前の女の子が授業中突然倒れた。体がゆらゆらしたと思ったら、横に崩れだし、机を倒し、椅子から転げ落ちた。
通路に倒れこみ、体を痙攣させている。しかし、私の見たのはそれだけではない。スカートが完全にめくれ上がり、二つの豊かな太ももがあらわとなり、真っ白なパンティが露骨なほどにさらけ出され、それらが小刻みに震えているのだ。
斜め前にいた事務局長の河村は、とっさに鉛筆を彼女の口に突っ込み、おもむろにスカートを下げ、開いた脚を伸ばした。
「余計なことしおって」と、やや不満だったが、もちろん言葉には出さない。
あとで聞いたことだが、癲癇の場合はよく舌を咬むので、鉛筆を入れたとのこと。なかなかの冷静さである。
副会長と事務局長の差が出てしまった一件であった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年10月24日

この2日間

 昨日は日本犯罪社会学会に出席。理事会、編集委員会、大会、懇親会、そしてそのあと渋谷で一杯。
本日は午前中、入院中の叔母の見舞い、午後は「Stop
the
万引き
横浜モデル」シンポジウムに参加。竹花副都知事と中田市長の間に挟まれて、それなりにしゃべって、無事終了。終了後中華街で一杯。
疲れた。今日は早く寝る。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年10月17日

告白(51)女P高一の初夏

 高校は、バス→電車→電車→バスと乗り継いで、およそ1時間半かけて通った。
同じ、電車→電車→バスで通う、同じ高校の同じ学年の(ただし、クラスは違う)女の子がいた。すらりとした、美人でかわいい女の子だった。
当時、我々の学校では、知っている者同士では、席に座っている者が立ってる者の荷物を持つという慣わしがあった。
その女の子とは一言も話をしたことはなかったが、お互いになんとなく「知っている人」という雰囲気はあった。
高校1年の6月の初めのこと。何故そんなによく覚えているかというと、制服が夏用に替わったばかりだったからだ。
学校に行くバスに座っていると、前にその女の子が立った。そこで私は、彼女のカバンを持つことにした。彼女も素直に(たぶん)私にカバンを渡した。
物語はここから始まる。彼女は私の前でつり革につかまっていた。夏の制服は半袖である。つり革につかまっている彼女の腕が私の目に入った。半袖なので、腕の奥の奥まで目に入る。そこは脇の下。そしてその脇の下に、腋毛が生えていたのだ。
「毛だ」と思い、「こんなかわいい女の子が---」と思い、「でも、かわいい」と思い、「見てはまずいが、でも見よう」と思い、ちらりちらりとずーと見てしまった。
それからは、逢うたびに言葉を交わした。しかし、二度と彼女の腋毛を見る機会はなかった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年10月16日

7万回突破

 現在、2004年10月16日午後6時33分。カウントは70020回。7万回を突破しました。おそらく、本日の午前中だったのではないでしょうか。さて7万回のヒットはどなたでしょう。よろしければご連絡ください。図書券を進呈します。
次回は77777回です。そして8万回です。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年10月11日

台風・人参・卒壽

 昨日は爺さん(妻の父)の卒壽の祝いだった。子供夫婦に孫、ひ孫が集まり、お祝い。
一昨日は台風。久しぶりに停電を味わった。ただし、台風の激しさには一向に気づかず、知らないうちに通過していた。その間我が家は人参台風が吹き荒れていた。
親戚から、間引きの泥付き葉付き人参が大量に送られてきた。3日間かけて、16リットルの人参葉汁を作った。さらに、まだ小さく細長い無数の人参の絞り汁を作った。創り終わったら停電。電気がついて後片付けをしたら、既に台風は通過していた。
まだ、大量の人参が残っている。人参台風は未だに通過中。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年10月06日

「キヨツケ」

 今年も府中にある矯正研修所で「犯罪社会学」の講義をしてきた。
「起立」「キヨツケ」「礼」「着席」という号令が懐かしい。今では、ここでしか聞けない。
高等研修なので、これからの矯正を背負って立つ職員ばかりである。そんな職員が一斉にするのだから、実に面白い。
ところで、「きよつけ」だとばかり思っていたのだが、変換でも漢字が出てこないし、3つの辞書を調べても「きよつけ」は載っていない。「きおつけ」もない。まさか「着付け」ではあるまいし。
ご存知の方は教えていただきたい。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

決まり

 さわやかな秋である。雨上がりというのは実に気持ちがいい。
さて、7万回も間近に迫ってきた。誰がヒットするか、楽しみである。
そこで、一つ決まりを作りたい。69900回を越えた時点で、一度このホームページを開いたら、1時間は開かない、という決まりである。お願いしたい。
なお、今回はまえもって粗品がなんであるか、言っておく。3000円分の図書券。ただし、カワイ子ちゃんのみ私とのデートに替えること可。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

気を付け

 熟女から指摘された。「<気を付け>でしょ」と。言われてみればその通りである。何故、そんなことに気づかなかったのか。まったくもって不思議である。馬鹿をさらけ出してしまった。
で、はじめから書くと、「起立」「気を付け」「礼」「着席」である。お粗末さまでした。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆