2004年06月29日

告白(37)女Bヒロミ

 ヒロミという女の子がいた。私より1つか2つ上だったと思う。その女の子をよくいじめた。
ガキ大将(実は私の兄)の命令なので逆らうことはできなかった。「ヒロミをなぐって来い」という命令は絶対だったのだ。そこで、2〜3人のガキどもが、いじめに行ったのである。もっとも、当時はさほど罪悪感もなかったが。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年06月28日

告白(36)女Aレイコ

 最初の女、と言っても、記憶の最初にある同年齢の女ということだが、やはりそれはレイコであろう。
4人きょうだいで上3人は男の一番下。そのため、自分のことを「おれ」と言い、男に混じって立ちションをしたレイコである。
「可愛かった」という記憶はまったくない。そうであるならば、タイラちゃんの妹で一学年下の女の子の方が可愛かった。しかし、その子の名前は思い出せない。そしてレイコは覚えている。やはり最初の女はレイコである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年06月22日

ウィルス

 このところほぼ毎日ウィルスが送られてくる。幸い、ビッグロブのほうですべて削除されるので、こちらの被害はまったくないのだが、実におびただしい。
送られてくるウィルス名のすべてが「W32.Netsky.P」なるものである。
皆さんもくれぐれもご注意ください。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年06月20日

6週間分

 下の息子が6週間ぶりに来た。6週間分の『少年サンデー』と『少年ジャンプ』を持ってきた。全部読み終わったら夜になっていた。優雅というか研究者にあるまじきことというか。12冊の週刊漫画雑誌を黙々と読む55歳の大学教授であった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年06月19日

告白(35)女@はじまり

 告白シリーズもとうとう女編になった。かなりヤバイのではないだろうか。
愛人○○との一夜、人妻○○との赤裸々な関係、高校生○○との驚きの関係、教え子○○との熱い日々、等々、そして、アケミ、ヨウコ、ミサエ、サチコ、ユミ、リカ、等々、いったい何が飛び出すことか。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年06月16日

広島・山口

 腹を切って2年間、外泊は控えてきた。ゼミ合宿と学会大会だけ出かけた。
今年から、一部解禁。3月に妻と中大の湯河原寮へ一泊、4月に仲間たちと一泊、そして今回、妻と広島・山口に2泊3日の団体ツアーに出かけてきた。少々疲れたし、腹の調子もいくらかおかしくなったが、まあまあの体調であった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年06月12日

ゼミコンパ

 今年度のゼミコンパ、参加者は少なく、その点は寂しかったが、中身は濃厚。
4年生は慣れたもの。全員愛人気分。向こうから先制攻撃で、ウヒウヒしてくる。実にいい伝統である。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年06月09日

告白(34)便所E

 便所シリーズの最後として、我が家の便所のこと。このシリーズは実に「臭い」「汚い」シリーズになってしまったが、今回で終了。
我が家の便所。床に大便が落ちている、蛆が這っている、ということはなかったが、それでも「ボットン便所」は「ボットン便所」である。
春から夏にかけては、蛆が湧き出す。便尿の表面に無数の蛆がうごめきだす。そのため、週に1度は、クレゾール液をまかなくてはならない。
我が家の便所はかなり深かった。床から便壷まで3メートル近くある。汲み取り口から便壷まででも2メートル近い。
だから、もし落ちたら小学校低学年の子供くらいまでは、溺れ死ぬ危険性が大である。
私自身、その恐怖を味わいながら大便をしたし、おそらく我が子もそうだったと思う。床の前に取り付けた棒をしっかりと握りながら、したものである。
おかげで、私も息子たちも落ちることなく今日に至っている。
十数年前に水洗化した。そしてその頃では珍しく、ウォシュレットになった。悪夢の「ボットン便所」からの解放だった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年06月07日

歯が痛い

 3日ほど前から歯が痛む。寝る頃になると痛み出すのだ。眠れず、仕方なくバッファリンを飲む。
昨日も痛み出し、午前0時にバッファリン2錠を服用したのだが、午前6時頃にまた痛み出し、ウーウー唸っていた。
本日、歯医者に行って来たのだが、果たして今夜はどうなることであろうか。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年06月05日

告白(33)便所D

 子供の頃、便所に落ちて子供が死んだ、というニュースがよくあった。親に聞かされた。そしてその度に、便所で溺れ死ぬのだけは絶対いやだ、と思った。
毎年、夏に海や川で溺れ死ぬといったニュースがあったが、便所で溺れ死ぬのだったら、まだ海で溺れたほうがいいと思った。糞小便を飲み込んで死んでいくなんて……子供心にもぞっとした。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年06月02日

告白(32)便所C

 20年前の中国のトイレもひどかった。
大便の場にドアがついていないのは当たり前。だからトイレに入ると、しゃがんで大便をしているのが丸見え。男のそんな姿を見ても「おえーッ」となるだけである。
「ワンフーチン」という日本の銀座に当たる北京の繁華街のトイレですら、こんな状態。まともに入れたのは一流ホテルのトイレくらいなものであった。
万里の長城のトイレは、数メートルの長さの一本の溝があるだけ。その溝をまたいで大便をするのだ。一本の溝を何人もの男がまたいで大便をしていた。したがって、前にいる男のしゃがんで大便をしている姿を見ながら、自らも後ろの男に見られながら、大便をすることになる。日本人には、到底できることではない。
白馬寺という有名な観光寺でのこと。現地の人にトイレを案内されたのだが、そこは寺の裏にあるただの空き地。その空き地には5メートルほどの正方形の囲いがあり、むしろで覆われている。トイレはここだと言う。むしろをめくってみると、中にはいたるところに大便の塊が。つまり、この中のどこかで、適当に野糞をしろ、ということなのだ。とたんに便意が喪失した。
今から20年前のことである。今の中国のトイレは不明。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆