2004年04月17日

告白(24)服装E続下着

 20年ほど前からか、夏など、下着を着ないでシャツを着る若者が出てきた。そんな若者たちも、もう30代になっているはずである。いや、40ほどになっているかもしれない。
私には考えられないことである。そんなことをしたら、すぐに体調を崩してしまう。
こうした人達は、シャツをズボンから出して着ている。夏など、下着をつけないで、シャツをズボンから出している。
やはり、考えられないことである。下着はどんなときでも着る。たとえシャツを着なくても着る。下着を着ないでシャツだけで町を歩くよりも、シャツを着ないで下着だけで町を歩いたほうがよい。シャツはきちんとズボンの中に入れる。これが50代以上の「正しい男」の姿である。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆