2004年03月30日

告白(19)服装@靴下

 5〜6歳の子どもの頃、靴下をはいている子などほとんどいなかった。よそに行くときにだけ、靴と靴下をはいた。
ところが、ごく一部のお嬢ちゃん・お坊っちゃんは靴下をはいていた。よって、靴下をはけるということは、特権階級である、ということを表していた。貧乏人の子どもにとっては、嫌な奴らであった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年03月28日

卒業

 卒業式も終了。ゼミ4年生は去って行き、教師の私は留まる。学生を迎え入れて4年後に送り出す、そんなことがもう20年以上続いている。送り出す度に歳をとる。あと15回送り出す予定。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年03月23日

告白(17)家F

 32歳で大学の専任講師となる。その数年後のこと、ボットン便所を直した。最新式のウォシュレットとなった。それまで、ながーい、ながーい、ボットン便所時代であった。
入ると便所の床がきしみ、今にも床ごと便壺の中に落ちていきそうな、そんな便所から、ようやく解放された。
今でも時々ボットン便所の夢を見る。トラウマになっているのである。思うに、誰だって、十やそこらのトラウマは持っているものである。精神科医の宣伝にマスコミは乗りすぎである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

告白(18)家G

 3年前に家を取り壊した。これにて、関東大震災直後に建てられた仮設住宅はなくなった。
継ぎ接ぎだらけの柱がトタン屋根を支えている家はなくなった。扉を閉めて、下の方はきちんと締まっているのに上は2pほど隙間がある、なんていう家はなくなった。
真冬の夜、家の中よりも外のほうが暖かい、なんていう家はなくなった。友達が外に出で、「なんだ、今日は意外に暖かいんだ」なんて、セリフを言う家はなくなった。
裏の竹藪の竹が床下から這い上がり、畳の隙間から這い上がり、家の中に竹がニョキニョキと生えている、なんていう家はなくなった。
夏は、ナメクジとヒルと一緒に風呂に入る、なんていう家はなくなった。手のひらくらいの大きさの、アシダカ蜘蛛の出る家はなくなった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年03月20日

告白(16)家E

 長男が2〜3歳の頃、2軒長屋の隣の家を所有することになり、隣との壁の一部をぶち抜き、隣の家をかなり改造し、屋根を修理し、塾を隣に移した。
こうして我が家は、6畳と3畳の続き部屋、4畳半、3畳、2畳間の物置部屋、2畳間の台所、風呂、2つの便所、6畳と3畳の続き部屋(塾用)と、かなり間取りのある家となった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年03月18日

いっちゃった!!

 メールを開いたら、愛人の一人夏子から、55555が過ぎてしまったというメールが入っていた。そこでこちらを見たら、やはり通過していた。
「早い!」そして「速い!」。予測では4月10日などと書いたが、22日早かった。桜の開花同様、実に早かった。はたして、55555のヒットは誰か。
ところで@:サッカーニッポン、バンザーイ!!。大久保はいい男である。田中も阿部もいい。
ところでA:こちらADSLにした。どこがどう変わったのか、よく分からない。
ところでB:「今がチャンス」と愛人にデート解禁したのだが、なんということか、デートの申し込み「ゼロ」。うちの愛人たちは謙虚すぎる。もう少しどん欲に!!。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年03月14日

告白(15)家D

 少4の終わり、玄関を壊して2畳の間を作り、その奥に4畳半の間を作り、新しい玄関を作った。2畳は姉の部屋、4畳半は退院してくる母の病室である。
4月に母が3年ぶりに退院してきて、7月に亡くなった。4畳半を病室として使ったのはたったの3ヶ月だった。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年03月12日

告白(14)家C

 小3の夏、台所をリフォームし、風呂場をつけた。ついでに中庭に3畳の部屋を作り、便所に小便の場を付け足した。これにて縁側が廊下となった。
3畳の間は、私と兄貴の部屋。2段ベットの上が兄貴、下が私。以来、ベットでの寝起き。兄貴の机は置けたが、私の座り机は置けなかった。
風呂は真鍮の風呂釜にタイルの湯船。木の風呂が主だった頃としては、実にモダンなもの。以来、家を取り壊す3年前まで入り続けた。ひびが入り、水漏れがし、タイルは至る所はげ落ちたが、それでも実に40年以上もったのである。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年03月11日

今がチャンス!!

 数カ月ぶりに暇になりました。昨年の8月以来です。こんなことは珍しいことです。
で、今がチャンスです。全国の数百名の愛人の皆々様、デートのチャンスです。早い者勝ちです。先着3名様までです。ただし、暇になったとはいえ、塞がっている日は多々あります。日程が合わなかった場合は、おあきらめください。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年03月07日

山は越えました

 今年は少年非行で3本の調査報告を書いた。3本とも例年の倍以上の時間と労力がかかった。
警察庁生活安全局少年課の調査、全国少年補導員協会の調査、そして文部科学省科研費の調査である。この3本目の報告書を本日書き終えた。
まだ書き足しと修正が残っているが、とうとう山は越えた。
これからは、この我流雑筆も元通りに書き込んでいけると思う。途切れていた告白シリーズも復活するであろう。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

2004年03月05日

やや気になる

 お待たせいたしました。何日ぶりでしょう。2月に書き込んだのは、7日、11日、15日、20日と、結局4日間しかありませんでした。こんなことって初めてですね。
いつの間にか3月。寒い日が続きます。早く暖かな春が来て欲しいものです。まだまだ忙しさは続きます。3月の20日頃までは続くのではないでしょうか。
一昨日、検査の結果が出ました。大腸内視鏡検査結果:異常なし。内臓造影CT検査結果:異常なし。血液・尿検査結果:

CEA・・・異常なし。

CA19−9・・・異常なし。

PSA・・・異常値を示す。
1つだけ、やばい結果が出てきてしまいました。PSAは前立腺癌の危険性を析出するもの。もう、下半身はメロメロです。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆