2004年01月17日

社会学史採点速報

 社会学史のテストを本日採点した。その結果報告。
学生の要望で、今年は筆記ではなく穴あき・記号記入の問題とした。50問で1問2点の100点満点と思っていたのだが、数えてみたら52問あった。したがって104点満点となってしまった。しかも、1題は問題中に答えがあるので、日本語が読めれば誰でも出来る問題。結局、学生は6点のおまけ付きとなったわけである。しかも、問題が易しかったせいか、80点以上が続出してしまった。
さて、結果であるが、80〜104点:88名(A)、70〜78点:27名(B)、60〜68点:16名(C)、50〜58点:10名(?)、0〜48点:25名(D)であった。もちろん、未受験者はEである。
ところで、(?)は本来ならばDであるが、今、どうしようか迷っているところである。10名は果たして再履修となるのか・・・。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆