2003年11月28日

矯正研修所講義

 26日と本日、府中にある矯正研修所にて高等研修課程の講義「犯罪社会学」をしてきた。今年で7年目である。
1年に1度、「起立!」「気を付け!」「礼!」「着席!」の声を聞く。最初はびっくりしたが、今はもう慣れた。1年に1度、昔の懐かしさを味わっている。
こんなこと、大学ではあり得ない、いや今では高校でも、そしておそらく中学や小学校でも無くなってしまった光景であろう。昔々の懐かしい光景の残存である。大の大人がそれをやっているという、何ともおかしな雰囲気である。
さて、明日は富山での講演、日帰りである。遠距離講演で日帰りというのは初めてのこと。飛行機で行って、講演して、飛行機で帰ってくる、というわけだ。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆