2003年06月23日

「研究する人生」

 「2チャンネル」を見たあと、「研究する人生」が気になり、そちらのほうも見てみた。
見た限りでは、何も書き込みはなされていないようだ。ただし、かなり膨大なスレッドがあり、しかも、見始めたばかり、よく見ていけば、何が出てくるか分からない。嫌なものをまた見てしまうかもしれないが、どうも気になり、ついつい見てしまう。
そして、見始めると、こういうのは病みつきとなり、やめられなくなってしまう。やることはどさりとあるのだが、今日もこのあと、見てしまうのではないかと思う。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆

続・研究する人生

 結局、本日は、昼から夜まで、ずーと「研究する人生」を見てしまった。
これで3日間、延べ15〜6時間見たことになる。ざっとではあるが、ほぼ、「こんなものか」といった程度には見ることが出来た。
ひどい書き込みも多々あるが、総じて、「2チャンネル」の「社会学」スレッドに比べて、真面目であるし、レベルは高い。
30歳代の若手研究者で、大学院のオーバードクターや非常勤講師、専任講師といったところが、書き込みの中心と思われる。
総評としては、地方の大学の実状や、3流4流と言われている大学の実状が分かり、ためになる場合もそれなりにある、といったところか。ただし、問題もないわけではない。
posted by 矢島正見 at 00:00| 我流雑筆